仮想通貨 ウォレット TREZOR(トレザー)

 

「トレザー(Trezor)って何?」

「トレザー(Trezor)って安心なの?」

 

「ハードウォレットで仮想通貨を保管したいけどどうすれば良いんだろう?」と思い、調べてみるとTREZOR(トレザー)が人気なことに気付きます。

ですが、何故TREZOR(トレザー)が人気なのでしょうか?

どこのサイトも「使い方や設定方法」ばかりで、「なぜTREZOR(トレザー)が優れているのか」について、仕組みや安全な理由についての記載がありません。

ですので今回は、『なぜTREZOR(トレザー)が安全なのか』について解説します。

こちらの記事を読むことで、TREZOR(トレザー)の安全性や、みんなが使う理由について理解することができます

\ 世界中が利用するNo.1ウォレット!  /
\ 検索して出てくるサイトは、悪徳なフィッシングサイトが多数あり危険! /
サイトに飛んだら必ずブックマークを!

TREZOR(トレザー)の仕組みと安全な理由|実は、本体にコインは入っていない。

まず、「そもそもハードウォレットってなに?」という方は、コチラの記事を参考にしてみてください。

きっとウォレットの仕組みハードウォレットについて理解が深まるはずです。

TREZOR(トレザー)は、ハードウォレット(コールドウォレット)分類されます。

取引所のウォレットやスマートフォンのウォレットは「オンラインウォレット」に分類され、常にオンライン状態で仮想通貨が管理されています。

反対に、TREZOR(トレザー)は、オフラインで仮想通貨を管理しています。

よく「TREZOR(トレザー)に仮想通貨を入れる」という表現を見かけますが、厳密に言うとこれは間違っています。実は、トレザー本体には仮想通貨は入っていません。

トレザーに入っているもの、それは「秘密鍵」です。

【関連】秘密鍵とは?

実はトレザーは、各通貨のウォレットを使用する際に必要な「秘密鍵」を保管しているのです。秘密鍵を常にオフラインで保管し、利用したいときだけパソコンに接続しオフライン状態にする。そして仮想通貨を利用する。

TREZOR(トレザー)が、安全だと言われているのは、上記のような仕組みを取っているからです。

TREZOR(トレザー)は、ハッキングされたパソコンに繋いでも問題なし

仮想通貨で良く聞く「ハッキングはされて〇〇円分の仮想通貨が盗まれた!」という事象。これは、主にオンラインで仮想通貨を管理しているがゆえに起こります。原因は、やはり常にネットに繋がれたウォレットだからです。
こう考えてみるとわかりやすいです。

「もし、あなたの財布が常に道端に置きっぱなしだったら?」

常にオンライン状態のウォレットというものはこのような状態です。さすがに危険ですよね。

TREZOR(トレザー)も仮想通貨を利用する際に、オンライン状態になります。ですが実は、もしハッキングされたパソコンにTREZOR(トレザー)を繋いでも持っている仮想通貨を盗まれる心配はありません。

なぜなら、TREZOR(トレザー)で仮想通貨利用する際に、アナログ操作で手元のボタンを押すからです。

いくら優秀なハッカーと言えど、パソコンから手を伸ばし、手元のボタンを押すことはできません。

これが、「TREZOR(トレザー)はハッキングに強い」と言われる理由です。

 

ちなみにですが、TREZOR(トレザー)を持っていることをあまり周りに言わないほうがいいですよ。
昔の事件ですが、TREZOR(トレザー)を持っている富豪が誘拐され、脅されて泣く泣く自ら操作し、資金を盗まれた事件がありました。

保持していることを語らないことも、1つのセキュリティです。

TREZOR(トレザー)|バックアップフレーズだけは死守しよう。

もう一つ、TREZOR(トレザー)が安全な理由があります。

実は、TREZOR(トレザー)自体を盗まれても心配はありません。たとえTREZOR(トレザー)が盗まれ、泥棒のパソコンに繋いだとしてもロックがかかっており開けることができないからです。

また、TREZOR(トレザー)が盗まれても、仮想通貨を失うことにはなりません。
なぜなら、上記に説明したとおり、TREZOR(トレザー)自体には、仮想通貨は入っていないからです。入っているのは「秘密鍵」。

では、どのようにして盗まれたTREZOR(トレザー)から秘密鍵を取り返すのでしょうか?

TREZOR(トレザー)の優秀な機能の1つに「バックアップ」というものがあります。

TREZOR(トレザー)を初期設定する際に、「バックアップフレーズ」という十数個の英単語を記録するのですが、この「バックアップフレーズ」を新しいTREZOR(トレザー)を用意して入力すれば、中の秘密鍵を復元することができるのです。

素晴らしい技術ですよね。

ですが、この「バックアップフレーズ」を無くしたり、盗まれてしまうと、もう誰も復元することができません。

ですから、「バックアップフレーズだけは、誰にも見せず自分だけで管理」するようにしてください。
決してパソコンに保存しないでください。せっかくオフラインで秘密鍵を管理しているのに、バックアップフレーズがオンライン状態では、何の意味もなしません。

厳重な方でしたら、貸し金庫を二箇所借りて、フレーズを半分に分け、分散させて管理している程です。

それほど重要なフレーズだということを忘れないでください。

まとめ

最後にまとめます。

まとめ

  • TREZOR(トレザー)は、秘密鍵を管理している
  • 常にオフラインで管理できるため安心
  • TREZOR(トレザー)は、ハッキングされたパソコンに繋いでも大丈夫
  • TREZOR(トレザー)を持っていることを公言しないほうが安心
  • TREZOR(トレザー)自体が盗まれても大丈夫
  • バックアップフレーズでいつでも中身を復元できる
  • バックアップフレーズが盗まれると致命的。必ずオフラインで、誰にもわからないところで管理すること。

いかがでしたでしょうか。

TREZOR(トレザー)のセキュリティ水準の高さに驚かれた人もいるでしょう。

これだけの素晴らしい技術を兼ね備えているTREZOR(トレザー)だからこそ、世界中の仮想通貨ホルダーが利用しているのです。

みなさんも、仮想通貨はぜひ、TREZOR(トレザー)で管理するようにしましょう。盗まれてからでは遅いですから。

\ 世界中が利用するNo.1ウォレット!  /
\ 検索して出てくるサイトは、悪徳なフィッシングサイトが多数あり危険! /
サイトに飛んだら必ずブックマークを!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

\ 世界中が利用するNo.1ウォレット!  /
\ 検索して出てくるサイトは、悪質なフィッシングサイトが多数あり『危険』 /
サイトに飛んだら必ずブックマークを!
世界中の被害総額【約1400億円以上】

【約1400億円】

この数字は
今までに世界の取引所から
盗難された仮想通貨の総額
です。

実はどれだけ安心と言われている取引所でも
ハッキングされてしまいます。

理由は簡単。

セキュリティレベルが向上するのと同じように
ハッカーのスキルも成長していくからです。

もし大切な資産を取引所に置きっぱなしにしていたら
あなたの資産もハッカーの標的。

自分の身は自分で守る時代。

起こる全てが自己責任だからこそ
あなたが行動しなければ資産の安全は確保できません。

 

TREZOR(トレザー)

 

TREZOR(トレザー)があれば
あなたのその手で自分の資産を守ることができる。

もうハッキングに怯える日々ともおさらばです。

世界中の仮想通貨投資家が利用する
安心と信頼のハードウォレットを
あなたも手にしましょう。

 

おすすめの記事