バイナンス モナコイン MONACOIN 上場

遂にバイナンスの日本進出が公式に発表されました。

結論からお伝えすると、
バイナンスへのモナコイン上場は、
「以前よりも可能性が高まった」
と言えるでしょう。

バイナンスの公式アナウンスによると、
Zコーポレーション株式会社(Yahoo株式会社より社名を変更)の傘下である、
「TAOTAO」と提携を結び、日本の仮想通貨市場へ進出することを発表しました。

バイナンスが日本へ進出することがきっかけなのか、
モナコインが高騰を見せています。

『ビットコイン(BTC)の高騰につられているだけ』との意見もありますが一方で、
『バイナンスにモナコインが上場するのでは?』との噂が上がってきました。

こちらの記事では、
バイナンスにモナコインが上場するのかについて
考察していきたいと思います。

モナコインがバイナンスに上場する可能性は高まった

冒頭でもお伝えしたとおり、
バイナンスが日本に進出することが決定しました。

それを知ってか知らずか、
モナコイン(MONA)が連日高騰を見せていました。

このモナコインの高騰ですが、
一見BTCの上昇につられているだけとの見方もありますが、一方で、
「バイナンスにモナコインが上場するのでは?」という声も出てきました。

結論をお伝えすると、
「上場の可能性が以前よりかは高まった」だけといえます。

なぜなら、モナコインが上場されているのであれば、
すでにされていてもおかしくないからです。

モナコインの歴史は古く、バイナンスが出来上がる前より存在していました。

モナコイン側も自身のPRを兼ねて、バイナンスへ上場申請しているであろうし、
バイナンスもチェックしているだろうといえます。

そんな中、いまだ上場に至っていないことを考えると、
モナコインがバイナンスの何かしらの上場基準を満たしていない。
と考える事が自然だと推測します。

また、モナコインのウォレットにも問題があります。

モナコインのウォレットは使いづらい

モナコインのウォレットは、「エレクトラムモナ」というものを使用します。

現状エレクトラムモナは、デスクトップウォレットであり、スマートフォンには対応していません。

モナコインは、個人への寄付(いわゆる投げ銭)を想定して作られました。
にもかかわらず、デスクトップウォレットしか無いのであれば、少し使いづらいといえます。

このような観点から見ると
「まだまだバイナンスで上場するような通貨ではないのでは?」
という考察が思い浮かびます。

考察:一攫千金を狙う投資は避けるべき

上記の考察を踏まえると、モナコインへの投資姿勢としては、
『一攫千金を狙うような投資は避けるべき』といえます。

なぜなら、
まだまだ暗号資産市場自体が、まだまだ未成熟であり、
大口投資家による大量注文によって、価格操作が容易いといえるからです。

このようなリスクの高い市場では、あまり大きな資産を投入せず、
見守る姿勢が意外と大切といえます。

「あくまで暗号資産市場はまだまだギャンブ・投機だ」
という視点を持ち合わせておくことが大切です。

まとめ|今後のバイナンスの動向に期待

投資・資産形成の話を度外視すると、
個人的には、
ぜひともモナコインには、バイナンス上場してもらいたいです。

バイナンスに上場し、投資家から資産を集め、日本発の暗号資産として
社会貢献していく姿を見てみたいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

\ 【クリプトリンク】で暗号資産の損益計算を簡単に!  /
クリプトリンク 評判 暗号資産 仮想通貨 損益計算
\ 面倒くさい暗号資産の損益計算も、丸投げできる! /
世界中の被害総額【約1400億円以上】

【約1400億円】

この数字は
今までに世界の取引所から
盗難された仮想通貨の総額
です。

実はどれだけ安心と言われている取引所でも
ハッキングされてしまいます。

理由は簡単。

セキュリティレベルが向上するのと同じように
ハッカーのスキルも成長していくからです。

もし大切な資産を取引所に置きっぱなしにしていたら
あなたの資産もハッカーの標的。

自分の身は自分で守る時代。

起こる全てが自己責任だからこそ
あなたが行動しなければ資産の安全は確保できません。

 

TREZOR(トレザー)

 

TREZOR(トレザー)があれば
あなたのその手で自分の資産を守ることができる。

もうハッキングに怯える日々ともおさらばです。

世界中の仮想通貨投資家が利用する
安心と信頼のハードウォレットを
あなたも手にしましょう。

 

おすすめの記事