仮想通貨 BAT バット Brave

広告排除ブラウザに
どれだけのニーズがあるのか。

なぜなら、
わざわざブラウザを導入してまで
広告を排除したいと思えないからです。

また、
ビッグデータを持つGoogleを
凌駕することが果たしてBraveには可能なのか
疑問を感じます。

他にも

  • Braveの次の構想が見えない。
  • これからくる5Gの世界にそぐわない

などが疑問点として上がってきます。

ですが、悪い評価ばかりではありません。

ブロックチェーンを利用し、
自立分散型社会が未来に広がると仮定すると、

「自分で選べる時代だからこそ、
小規模なら広がる可能性あり」

と考えます。

こちらの記事では、
Braveについて掘り下げていきたいと思います。

バイナンス|ステーキング解説&方法【簡単・手数料0・毎月報酬・独自の追加報酬有・入出金自由】だからおすすめ

バイナンス|レバレッジ・マージン取引とは?追証や使い方を解説

プライバシーを重視した高機能ブラウザ「Brave」

仮想通貨バット(BAT)が手掛ける
高機能ウェブブラウザ「Brave」

特徴は、

  1. 無用な広告を排除し、Brave側が認めた広告しか表示させない
  2. 広告の閲覧でもれる個人の興味関心という
    プライバシー情報の漏洩を防ぐ
  3. 無駄な広告を排除しているため、
    サイトの表示も早く、電池の消費も減らすことができる
  4. Braveが認めた広告をみることで
    仮想通貨BATが付与される

と、これらが大まかな特徴です。

要するに、
「ウェブブラウザの独占を防ぎ、ブラウザの在り方を変える」
ことが目的となっています。

では、一見未来を感じるBraveの
未来は薄いと感じるのでしょうか?

グーグルのビッグデータに勝てるとは思えない

現状、
一般的に広く使われている「グーグルクローム」

このクロームには、
「広告排除」の拡張機能があります。

この拡張期のを使えば、基本的には
広告を閲覧すること無く、ネットを見ることができます。

そのような機能があるうえで
どのような人が「Brave」を利用するのでしょうか?

考えられる層は、

  • ブレイブの未来に期待している人達

ではないでしょうか?

仮想通貨BATが付与されることに期待して
なおかつ
自身の個人情報がデータとして蓄積されている
ことが不快に感じている人も多いでしょう。

確かに、例えば、
自分が化粧品を探していると
別のサイトの自動広告が知らぬ間に「化粧品関連」になっていたり
すると、少し怖く感じることもあるでしょう。

ですが、
果たして、Braveがグーグルに対抗できるのか。

両社の時価総額の差は約2600倍。

Braveを手掛ける、仮想通貨BATの時価総額は
約300億円

対してグーグルの時価総額は
約80兆円。

その差約2600倍

Braveは、この差をこれから凌駕していかなければいけません。

果たして、Braveの特徴に
それほどの価値があるのかどうか。

では、Braveは今後
どのような構想を展開していくのでしょうか?

Braveの次なる構想や展開がない

Braveの今後の構想を調べて見ましたが、
具体的な記述が見当たりませんでした。

現状、仮想通貨BATはERC-20にて発行されており、
独自のチェーンでは稼働していません。

これは憶測ではありますが、
今後は、独自チェーンの開発に着手し、
メインネットへの以降が考えられるでしょう。

だとしても、
今後のBraveの展開が見えない点は、
少し疑問に感じます。

今後、5Gが世の中に浸透すると言われています。
その動きの中で、
Braveはどのように立ち回るのでしょうか?

5Gの時代になり、ネットの世界は広がる

5Gとは
簡単に説明すると
「通信技術の5世代目(Five Generation)」を意味しています。

5Gの世界では、
大容量通信が素早くかつ手軽に行うことができます。

Wi-Fiがなくとも、
2時間の映画のダウンロードを
スマホに6秒で出来てしまう時代とも言われています。

そのような5Gを目前に控え、
Braveが謳う
「広告を排除することで通信速度が早くなる」

「電池の消耗が低くなる」
と言った利点は、
少し弱いように感じられます。

また、
5Gが訪れることで
ネット広告はより需要が拡大し、
「本当にあなたにあった広告が瞬時に現れ、
むしろ広告が役に立つ」

ということも考えられます。

このような点を鑑みると、
Braveの未来は、薄く感じます。

ですが、
悪い話ばかりでは有りません。

Braveを選択する人達の経済圏ができる可能性も

よく、
「ブロックチェーンによって自立分散型の社会が訪れる」
という表現を見聞きするでしょう。

ブロックチェーンが作り出す未来は、
理想郷のように感じられます。

現に、
特定の地域では、仮想通貨利用が進み、
国全体を通してネット社会に移行しているところもあります。

そのような個人が自立した時代を見据えた中では、
「個々人の選択の重要性」は高まるでしょう。

ですから、
「私はBraveがいい」というひとも居て当然です。

自分の選択であり、誰に指図されるわけでもない。

そのような観点から見ると、
Braveの未来はまだまだあると思えます。

まとめ|未来は薄いがブロックチェーン技術に期待

一見Braveは素晴らしいように見えて、
実際のところは、対面する壁も大きいと感じられます。

ですが、
ブロックチェーン技術の発展の先に、
Braveのような、「思想のあるブラウザ」
ひょっとすると世界に求められるように
なることもあるのかもしれません。

仮想通貨の未来について

ハッキングリスクがある仮想通貨が、今後現金に代わって普及するのか

上記の記事にも書いていますので、
よろしければ参考にしてみてください。

バイナンス|レバレッジ・マージン取引とは?追証や使い方を解説

バイナンス|レンディングのメリット【良利回り・簡単】デメリット【値下げ・ハッキング】

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

\ 世界中が利用するNo.1ウォレット!  /
\ 検索して出てくるサイトは、悪質なフィッシングサイトが多数あり『危険』 /
サイトに飛んだら必ずブックマークを!
世界中の被害総額【約1400億円以上】

【約1400億円】

この数字は
今までに世界の取引所から
盗難された仮想通貨の総額
です。

実はどれだけ安心と言われている取引所でも
ハッキングされてしまいます。

理由は簡単。

セキュリティレベルが向上するのと同じように
ハッカーのスキルも成長していくからです。

もし大切な資産を取引所に置きっぱなしにしていたら
あなたの資産もハッカーの標的。

自分の身は自分で守る時代。

起こる全てが自己責任だからこそ
あなたが行動しなければ資産の安全は確保できません。

 

TREZOR(トレザー)

 

TREZOR(トレザー)があれば
あなたのその手で自分の資産を守ることができる。

もうハッキングに怯える日々ともおさらばです。

世界中の仮想通貨投資家が利用する
安心と信頼のハードウォレットを
あなたも手にしましょう。

 

おすすめの記事