2020年 暗号資産 これから 初めて 初心者

これから暗号資産を始めようとしているあなた、
必見です。

結論からお伝えすると、
2020年から暗号資産を始めるなら、

  1. 国内の取引所でトレード
  2. 国内の銘柄を長期保有
  3. 海外の取引所でトレード
  4. 海外の銘柄を長期保有

の4手法がおすすめです。

特におすすめは、
4番目の「海外の銘柄を長期保有」です。

なぜなら、
海外であれば、選択できる銘柄も多く、
なおかつ
ステーキングレンディングと言った
ただ保有するだけではない暗号資産の増やし方ができるからです。

こちらの記事では、
2020年から暗号資産を始める方に向けて
市場を解説していきます。

『市場は読めない』ということを理解する

まずよくあるご質問からお答えします。

その質問とは、
「2020年の暗号資産市場はどうなりますか?」
です。

ここで今一度はっきりと理解しておきましょう。

市場の今後など誰も読み解くことなど出来ません。

どんなに暗号資産に携わっていようとも
投資で有名なウォーレン・バフェットでさえも
市場を読み解くことは不可能です。

なぜなら、
未来のことなどだれもわからないからです。

確かにニュースには、
「今後の暗号資産市場はさらなる発展があるでしょう」
と民衆を煽ります。

ただそのニュースを鵜呑みにしてはいけません。

そしてまた、
テクニカル分析やファンダメンタルズなど
市場を分析する手法もあります。

確かに
「今後こうなるだろう」と推測することはできるでしょう。

ですが、
「100%こうなる!」なんて
誰にもわかりません。

「そんなこと当たり前じゃないか」
と思う方もおられるでしょう。

そうなんです。
当たり前です。

ですがそんな当たり前ですが
忘れてしまうのが暗号資産市場=投機なのです。

ですからいま一度、
あなたの使用としていることを理解しておきましょう。

では、上記を踏まえて
2020年から暗号資産を始めるなら何からすれば良いのでしょうか?

市場が読めないからこそトレードは現実的に難しい

冒頭でもお伝えしたとおり、
これから暗号資産始めるなら、

  1. 国内の取引所でトレード
  2. 国内の銘柄を長期保有
  3. 海外の取引所でトレード
  4. 海外の銘柄を長期保有

の4手法がおすすめです。

もしあなたが、
投資が初めてなのであれば、
まずは暗号資産を保有することから始めましょう。

おそらく、
一度資産を保有すると、売買したくなるものです。

そこからトレードを学んで行けばいいでしょう。

何度も言いますが、
トレードをするにしても長期で保有するにしても
「暗号資産は投機(ギャンブル)」ということだけは
忘れないでください。

長期保有なら銘柄選定のみ

実は、
暗号資産に適した手法は「長期保有」です

なぜなら、
暗号資産は、値上がり値下がりが激しいからです。

ちなみに、
この値上がり値下がりが激しいことをを「ボラティリティが高い」と言ったりするのですが、
このボラティリティが高いからこそ、
トレードが難しいのです。

暗号資産は、時に40%〜50%がほんの数分で動きます。

実際に体験するとわかりますが、
自分のお金が上下するのを目の当たりにすると
正常で居られる人は少ないです。

ですから、
まずは「長期で保有する」ことを念頭に置きましょう。

まずは国内銘柄を。後に、海外銘柄を決める

2020年、初めて暗号資産を手にするなら、
まずは「国内取引所での購入」をおすすめします。

理由は、
日本語でわかりやすく、操作方法もわかりやすいからです。

海外となると、
そもそも日本円で購入することができません。

しかも
サイトは全て英語となりますから、
難易度格段にあがります。

ですから、
まずは腰を据えて国内取引所で。

一度保有すると市場が気になりますから、
ニュースをチェックしつつ
暗号資産の仕組みを理解していく。

そんな流れで構いません。

大切なことは、暗号資産はまだ投機ということを忘れないこと

何度もお伝えしていますが、
本当に大事なので最後にも。

「暗号資産市場は投機(ギャンブル)」です。

市場が安定しておらず、戦況が読めません。

だからこそ、
余剰資金で行いましょう。

一攫千金を夢見て、生活資金を入れるなんてことは
してはいけません。

この2018年と2019年。

同じような夢を見て、人生が詰んでいく人を何人も見ました。

「人の振り見て我が振り直せ」

今がその時です。

まとめ|余剰資金で市場を楽しむ

暗号資産は、
投機であるということを理解すれば
おもしろく向き合っていくことができます。

最先端のテクノロジーがどのように開発され
世界の企業がどんな世界を妄想して技術革新を行っているか。

知れば知るほど、ほんと面白いです。

ぜひ、みなさんも
暗号資産の本当の楽しさを知ってください。

暗号資産については以下の記事にもまとめていますので
ぜひ参考にしてみてください。

また、
「日本の取引所ってどこが良いの?」
という方は以下の記事にまとめていますので、参考にしてみてください。

ちなみに、
まだ暗号資産FXで多くの人が利用する『バイナンスFutures』のアカウントを持っていないのであれば、早めに登録しておいた方がいいです。

バイナンスのアカウントを持っていれば、ワンクリックで開設できます。

しかも、今なら特別に登録時に【binancezuki】とコードを入力すると約1ヶ月間、取引手数料の10%が返ってきます。

ビットコイン相場に置いて「ショート(空売り)や数倍のレバレッジは、稼いでいく上で必要な手段」です。
いつキャンペーンが終了するかは未定なので、今のうちに開設しておきましょう。

バイナンスFuturesの公式サイトはこちら
 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

\ 【クリプトリンク】で暗号資産の損益計算を簡単に!  /
クリプトリンク 評判 暗号資産 仮想通貨 損益計算
\ 面倒くさい暗号資産の損益計算も、丸投げできる! /
世界中の被害総額【約1400億円以上】

【約1400億円】

この数字は
今までに世界の取引所から
盗難された仮想通貨の総額
です。

実はどれだけ安心と言われている取引所でも
ハッキングされてしまいます。

理由は簡単。

セキュリティレベルが向上するのと同じように
ハッカーのスキルも成長していくからです。

もし大切な資産を取引所に置きっぱなしにしていたら
あなたの資産もハッカーの標的。

自分の身は自分で守る時代。

起こる全てが自己責任だからこそ
あなたが行動しなければ資産の安全は確保できません。

 

TREZOR(トレザー)

 

TREZOR(トレザー)があれば
あなたのその手で自分の資産を守ることができる。

もうハッキングに怯える日々ともおさらばです。

世界中の仮想通貨投資家が利用する
安心と信頼のハードウォレットを
あなたも手にしましょう。

 

おすすめの記事