バイナンス レンディング

 

日本時間2019年8月26日午後9時に、公式Twitterより

バイナンス(binance)は、「仮想通貨のレンディングサービス」を開始することを発表した。

 

公式Twitter:レンディング開始は、日本時間8月28日午後3時から

 

 

#Binance Will Launch Lending Platform: 14-Day Fixed Term $USDT, $BNB and $ETC Lending Products Available for Subscription
https://binance.com/en/support/articles/360032921211

以下日本語訳
__________
Binanceは貸出プラットフォームを開始します:14日間の固定期間$ USDT、$ BNB、$ ETC貸出製品のサブスクリプションが可能

 

バイナンスレンディング|詳細情報

バイナンス(binance)の公式発表によると、

  • レンディングサービス開始時間:日本時間8月28日午後3時〜
  • 貸出通貨:BNB、USDT、ETC
  • 貸出利率:BNB(15%)、USDT(10%)、ETC(7%)
  • 貸出申し込み期間:日本時間2019/08/28 15:00 から2019/08/29 9:00 まで。
  • 貸出期間:14日間
  • 利息計算期間:日本時間2019/08/29 9:00 から 2019/09/10 8:59 まで。
  • 利払い時間:貸出期間が満了した直後。
  • 申し込みの形式:先着順。

 

通貨 合計申し込み上限 個別キャップ 年換算金利 ロットサイズ 満期時のロットごとの利子
BNB 200,000 BNB 500 BNB 15% 10 BNB 0.057534 BNB
USDT 10,000,000米ドル 1,000,000 USDT  10% 100米ドル 0.383561 USD
20,000 ETC 1,000 ETC 7% 1 ETC 0.002685 ETC

 

貸出例

ユーザーAが10ロットのBNB貸付(合計100 BNBの貸付)に加入している場合、満期日に得られる利息は0.057534 BNB x 10 = 0.57534 BNBになります。

バイナンス(binance)公式より引用

 

レンディングサービスにより、コインを貸している顧客は、利息を得ることができる。

 

バイナンスCEO、C・Z氏|「別の投資場所を探す必要は無い」

 

また、バイナンス(binance)のCEOであるC・Z氏は、彼の公式Twitterでこのように述べている。

 

Lending on
@binance
goes to Margin borrowers, who pay the interests. Simple.

Very different from other guaranteed-return schemes. We don't have to look for another place to invest. That's why Margin is out first.

Spartans get it.
_________

貸し出し中 @binance 利子を支払うマージン借り手に行きます。シンプル。 他の返品保証スキームとは大きく異なります。別の投資場所を探す必要はありません。それがマージンが最初に出ている理由です。 スパルタはそれを得る。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

\ 世界中が利用するNo.1ウォレット!  /
\ 検索して出てくるサイトは、悪質なフィッシングサイトが多数あり『危険』 /
サイトに飛んだら必ずブックマークを!

 

世界中の被害総額【約1400億円以上】

【約1400億円】

この数字は
今までに世界の取引所から
盗難された仮想通貨の総額
です。

実はどれだけ安心と言われている取引所でも
ハッキングされてしまいます。

理由は簡単。

セキュリティレベルが向上するのと同じように
ハッカーのスキルも成長していくからです。

もし大切な資産を取引所に置きっぱなしにしていたら
あなたの資産もハッカーの標的。

自分の身は自分で守る時代。

起こる全てが自己責任だからこそ
あなたが行動しなければ資産の安全は確保できません。

 

TREZOR(トレザー)

 

TREZOR(トレザー)があれば
あなたのその手で自分の資産を守ることができる。

もうハッキングに怯える日々ともおさらばです。

世界中の仮想通貨投資家が利用する
安心と信頼のハードウォレットを
あなたも手にしましょう。

 

おすすめの記事