TREZOR(トレザー)

 

「TREZOR(トレザー)の初期設定がよくわからない」

「TREZOR(トレザー)について教えて欲しい」

 

TREZOR(トレザー)を購入し、いざ設定しようと思っても、英語が多く、また少し複雑でよくわからないですよね。

編集者である私も、初めてTREZOR(トレザー)を設定する際は、戸惑いも多く苦労しました。

そこで、みなさんの悩みを解決できる記事を用意しました。

こちらの記事で解説する『TREZOR(トレザー)の初期設定方法』を読めば、安全安心にTREZOR(トレザー)の設定をすることができます。

正しくTREZOR(トレザー)を設定して、どんどん使っていきましょう。

※ 今回は、TREZOR Model Tの設定方法を解説しますが、旧モデルTREZOR ONEをお持ちでも、設定方法はさほど違いはありませんのでご安心ください。

 

\ 世界中が利用するNo.1海外取引所!  /
バイナンス 解説 特徴
\ 初心者にもわかりやすく【徹底解説!】 /
\ 世界中が利用するNo.1ウォレット!  /
\ 検索して出てくるサイトは、悪質なフィッシングサイトが多数あり『危険』 /
サイトに飛んだら必ずブックマークを!

TREZOR(トレザー)の初期設定方法|初期準備編

1.開封する。

仮想通貨 TREZOR(トレザー)
TREZOR(トレザー)

TREZOR(トレザー)

【内容物解説】

  1. 付属シール
  2. TREZOR(トレザー)本体
  3. マグネット台
  4. 説明書
  5. USB type-C
  6. バックアップフレーズメモ台紙

 

TREZOR(トレザー)
TREZOR(トレザー)

ちなみに、マグネットはこのように使うことができます。便利な人には便利でしょう。

 

2.TREZOR(トレザー)本体のシールを剥がす

TREZOR(トレザー)

本体の接続口に銀色の不正防止テープがついています。これがついていない、もしくはすでに剥がされた後ですと、内部をいじられている可能性が高いので、購入元に連絡してください。ハッキングされる恐れがあります。

また、テープはゆっくりと剥がすと切れに剥がれます。

3.TREZOR(トレザー)公式サイトを開き、ウォレットを準備

TREZOR(トレザー)

こちらより公式サイトを開いてください。

 必ず、上記から公式サイトへ飛んでください。グーグル等の検索で出てくるサイトは、悪質なフィッシングサイトの可能性が高く、危険です。

サイトが開いたら、右上の「Wallet」をクリックしてください。

基本的にTREZOR(トレザー)を操作する際は、毎回こちらのサイトへアクセスし、操作することとなります。

4.手持ちのTREZOR(トレザー)を選択する

TREZOR(トレザー)

どちらかを選択します。今回は、TREZOR Model Tの解説をしますので、右側を選択します

 

TREZOR(トレザー)

開封時にご説明しました、シールが剥がれていないかの注意喚起がでます。問題なければ、「Continue to wallet」をクリックしてください。

5.「TREZOR(トレザー)ブリッジ」をダウンロードする。

TREZOR(トレザー)

TREZOR(トレザー)を利用するには、「TREZOR(トレザー)ブリッジ」という接続ツールをダウンロードする必要があります。

OSの間違いがないか確認し、ダウンロードしてください。

TREZOR(トレザー)

ダウンロード後、サイトを更新し、このような画面が開けば準備完了です。

 

TREZOR(トレザー)の初期設定方法|本番編

1.パソコンとTREZOR(トレザー)を繋ぎ設定を始める

TREZOR(トレザー)

こちらの画面を開き、TREZOR(トレザー)をType-C 端子を用いてパソコンと繋げます。

 

TREZOR(トレザー)

このような画面が開くので、「Install firmware」をクリックし、インストールします。すると以下のような画面が出ます。

TREZOR(トレザー)

こちら画面が出ると、次はTREZOR(トレザー)本体での操作となります。TREZOR(トレザー)本体の画面に下図のような画面が表示されます。

画面は、タッチパネルですので、画面の「緑のチェックボタン」を押し、インストールを進めてください。

TREZOR(トレザー)

 

2.「Create New」をクリック

TREZOR(トレザー)

「Create new」クリックします。するとウォレット作成が始まります。そしてまた、TREZOR(トレザー)側での操作となります。

上図のような画面が本体に映し出されます。「緑のチェックボタン」をタッチし、ウォレット作成を進めます。

以下の画面が出れば作成完了です。

TREZOR(トレザー)

 

3.セキュリティ設定【重要】

TREZOR(トレザー)

ウォレット作成は、ひとまず完了です。ですが、このままでは、セキュリティ対策が皆無ですので、引き続き設定をします。

上記の「Create a backup in 3 minutes」をクリックし、バックアップフレーズを取得します。

4.バックアップフレーズの記録

TREZOR(トレザー)

これから、バックアップフレーズを取得します。

上記の注意事項をよく読みましょう。

 これから、次の画面でバックアップフレーズが表示されます。このバックアップフレーズは、TREZOR(トレザー)が故障したり、盗難したりした際にTREZOR(トレザー)内に入っていた資産を復元させる際に必要な、大変重要なフレーズです。ですので、

  • 誰にも見せてはいけない
  • 自分一人で作業を行うこと
  • キャプチャ等でパソコン内に保存しない
  • パソコン内の「メモ帳」等でも残さない。
  • 必ず紙に記録する
  • 記録した紙は、誰にも見られない所に保管する。

を徹底してください。もし、このバックアップフレーズを他人に盗まれると、手持ちの資産をいとも簡単に盗まれます。

問題なければ、チェックボックスにチェックをいれて、「Continue」をクリックします。

TREZOR(トレザー)

その後、TREZOR(トレザー)本体でも再度注意喚起がでますので、タップして進んでください。

すると、TREZOR(トレザー)本体にフレーズが表示されますので、一つ一つ記録していきます。

この記録した紙は、必ず誰にも見られないところへ保管しましょう。

紙では頼りないので、「クリプトスチール」というものも販売されています。

こちらも合わせて購入し、使用することを強く進めます。

関連クリプトスチールとは?

 

最後までスクロールすると「Hold to confirm」と表示されますので、問題なければ長押しします。

すると下図が表示されます。

TREZOR(トレザー)

確認作業に入ります。

上図だと「Type the 4th word」と表示されています。これは、「記録したバックアップフレーズの内、④番目の文字はなんですか?」と聞かれています。

該当の単語を確認し、本体にその単語を入力します。入力方法は、タップして入力します。

無事記録が済みましたら、下図が表示されますので「Continue」をクリックします。

TREZOR(トレザー)

 

5.PINコード(ピンコード)を設定する

次にPINコードを設定します。このコードは、TREZOR(トレザー)を毎回開く際に入力するコードです。

TREZOR(トレザー)画面に下図のが表示されますので「緑のボタン」をタップします。

TREZOR(トレザー)

すると数字が表示されます。お好きなPINコードをタップして入力してください。入力を終えたら、「緑のレ点」をタップして確定してください。

完了すると下図が表示されますので、「Continue」をクリック。続いて、デバイスネームの設定です。

TREZOR(トレザー)

 

デバイスネームを決める

名前を入力し、問題が無ければ「Confirm to continue」をクリック。

TREZOR(トレザー)

すると、上図のようにTREZOR(トレザー)本体に、確認画面が表示されます。問題無ければ、「緑のレ点」をタップして完了です。

 

ブックマークをする。

TREZOR(トレザー)

TREZOR(トレザー)を操作する際は、必ずウォレットページにアクセスする必要があります。都度検索は非常に危険ですので、まだブックマークしていない方は、こちらで登録しておきましょう。

メールアドレス登録

TREZOR(トレザー)の最新情報がメールにて届きます。

必要な方は登録しておきましょう。

初期設定は、こちらで以上となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

はじめにしっかりと設定をしておけば、後は安全に利用することができます。

バックアップフレーズ等は大切に保管してください。くれぐれも盗まれないよにしてください。

記事の途中でも書きましたが、「クリプトスチール」は、もはや必須です。気になる方は、こちらを参照してみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

\ 世界中が利用するNo.1ウォレット!  /
\ 検索して出てくるサイトは、悪質なフィッシングサイトが多数あり『危険』 /
サイトに飛んだら必ずブックマークを!
\ 世界中が利用するNo.1ウォレット!  /
\ 検索して出てくるサイトは、悪質なフィッシングサイトが多数あり『危険』 /
サイトに飛んだら必ずブックマークを!
世界中の被害総額【約1400億円以上】

【約1400億円】

この数字は
今までに世界の取引所から
盗難された仮想通貨の総額
です。

実はどれだけ安心と言われている取引所でも
ハッキングされてしまいます。

理由は簡単。

セキュリティレベルが向上するのと同じように
ハッカーのスキルも成長していくからです。

もし大切な資産を取引所に置きっぱなしにしていたら
あなたの資産もハッカーの標的。

自分の身は自分で守る時代。

起こる全てが自己責任だからこそ
あなたが行動しなければ資産の安全は確保できません。

 

TREZOR(トレザー)

 

TREZOR(トレザー)があれば
あなたのその手で自分の資産を守ることができる。

もうハッキングに怯える日々ともおさらばです。

世界中の仮想通貨投資家が利用する
安心と信頼のハードウォレットを
あなたも手にしましょう。

 

おすすめの記事