仮想通貨の海外取引所といえば"バイナンス"|なぜ、国内取引所だけでは旨味が少ないのか

 

「どうしてバイナンスが選ばれるの?」

「バイナンスって怪しくないの?」

 

仮想通貨投資を初めた際に、必ず目にする海外取引所、それが「バイナンス(binance)

今回は、なぜバイナンス(binance)に世界のトレーダーが集まるのか。その理由についてお答えしていきます。

この記事を読めばきっとあなたも、日本の取引所だけでは満足できなくなるでしょう。

 

なぜ日本の取引所だけで満足できるのか?

仮想通貨投資を始めて、日本の取引所だけを開設して満足していませんか?

結論、それでは仮想通貨投資の旨味の約100分の1しか味わっていません。

なぜか。

世界には、2000種類を超えるコインが存在しています。その中で、日本が取り扱っているのはせいぜい20〜30種。しかもコインの種類もありきたりな物ばかり。

これでは、掴めるチャンスも掴めません。
チャンスを掴もうにも、種類が少ないため時間が掛かり過ぎます。待つしか有りません。

そうやって待っている間に、日本になく海外ではメジャーな通貨がどんどん値上がりをしていく。
その旨味を味わえるのは、海外取引所で取引をするトレーダーのみ。

せっかく人よりも早く仮想通貨投資に目をつけているのに、あまりにももったいない。

 

いち早く海外取引所を開設して、少しでも早く仮想通貨の波に乗るべきです。

ですが、海外取引所も安全なものばかりではありません。

 

現状:海外取引所は実態が不透明であり、詐欺が多い。

現在、世界には、200を超える仮想通貨取引所が存在しています。

日本の取引所でも数社あり、どこを開設すればいいか迷うのに200もあればもう迷うことすら難しいですよね。

安易に目についたものを開設していると、とんでもないことになります。

実は、仮想通貨取引所を装った詐欺があるのです。

いわゆる「出口詐欺」という手法です。

一見取引所を装っていて、健全に稼働しているように見えます。ですが、実態は稼働などしておらず、全てが数字あそびでたらめな数字が表示されているだけです。

なぜこんなことをするのか。それは、健全な稼働を装い、資金を集めているからです。

健全に稼働しているように見えるから、資金を送りトレードをする。そしてそのまま取引所に資金を置きっぱなしにしてしまう。

ここで詐欺の取引所が動きます。

「ハッキングに合いました」と都合のいい嘘をつき、資金が全て持ち逃げされてしまう。

預けていた資産は取り返せなくなり、海外なので消息もわからない。このようなことが当たり前に起きています。

 

このような事を避けるためにも、海外取引所の選び方は非常に大切になってきます。

では、どのようにして使用する取引所を選定するか。

その基準は、「いかに大勢が使用しているかどうか」や「いかに運営体制が透明なのか」が大切になってきます。

 

では、上記を踏まえて

なぜ「バイナンス(binance)」が世界のトレーダー達に愛されているのでしょうか?

 

世界中のトレーダーが集まる為、取引ボリュームが桁違い

バイナンス(binance)は、人気が人気を呼び、各国のトレーダーが集まって来ています。そうなると必然的に、取引量(ボリューム)が高くなります。

日本の取引所では、多いところで1日に約30億円以上のお金が毎日取引されています。
それに比べてバイナンス(binance)では、1日に約700億円以上もの取引がされています。
その差約670億。約22倍以上も取引量の差があるのです。

この取引量の高さは、非常に重要です。

なぜなら、まだまだ仮想通貨市場は未熟な市場であり、取引に参加している資金や人がそもそも少ないからです。

そもそもが少ない上に全体の取引量が少なければ、

売りたい値段で売りたい量を売ることができません。反対に、
買いたい時に、買いたい値段で買いたい量を買うことができません。

これでは、資金の多い投資家や大口の投資家にとっては、とても参入できる余地がありません。

その点バイナンスは、世界から資金や人が集まり、圧倒的な資金が集まります。

これこそ世界のトレーダーから愛される所以なのです。

 

 

スマホアプリやWEB取引画面が使いやすい

 

 

バイナンスのスマホアプリは、非常に使いやすくて有名です。

現代のトレードにおいて、スマホでトレードする機会は非常に多いです。

出先で、気になった時にサッとスマホを取り出し状況を確認できる。

もし急なニュースを掴み買いたいと思った時に、すぐにスマホで購入できるのは非常に便利です。

このユーザー視点に立った運営方針も人気の一つなのでしょう。

 

セキュリティが高い。過去に損失補てんも。

バイナンス(binance)のウォレットには、世界で有数のウォレット企業である「トラストウォレット」が監修・提携を行っています。

この「トラストウォレット」高水準のウォレットノウハウを持っています。

バイナンス(binance)は、このウォレットノウハウを持つ「トラストウォレット」と提携し、自社の顧客ウォレットを開発・強化していきました。

それにより、顧客の信頼度は増しました。
また、ウォレットに付帯したサービスも多いです。
エアードロップやステーキングにも対応しています。

また以前に、バイナンスでハッキング事件が起きました。

その際に、7000BTCが盗まれました。
ですが、CEOであるC・Z氏は、この非常事態を迅速に解決。盗まれた7000BTCは、全額保証されました。

その理由は、「SAFU基金」にあります。

SAFU基金とは

「SAFU基金」は、バイナンスの取引手数料の10%を定期的に保管しておくというシステム。
有事の事態に備えて、C・Z氏が運営していました。

この対応にユーザーは非常に感心をいだき、更にバイナンスファンが増えることになりました。

 

 

 

まとめ

 

 

最後にまとめます。

 

まとめ

  • もはや、日本の取引所だけでは、仮想通貨投資の旨味は少ない。
  • 海外取引所は、まだまだ怪しいものが多い。
  • バイナンスは、取引量が日本の22倍以上もある。
  • スマホアプリも使いやすく、日常生活で便利。
  • セキュリティも高く、過去には損失補填も。

 

いかがでしたでしょうか。

世界の仮想通貨市場を牽引しているのは、日本ではなく、確実に世界。
その世界中の取引所の先頭に立つ「バイナンス(binance)

これからの動向に目が話せません。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

\ 世界中が利用するNo.1ウォレット!  /
\ 検索して出てくるサイトは、悪質なフィッシングサイトが多数あり『危険』 /
サイトに飛んだら必ずブックマークを!

 

世界中の被害総額【約1400億円以上】

【約1400億円】

この数字は
今までに世界の取引所から
盗難された仮想通貨の総額
です。

実はどれだけ安心と言われている取引所でも
ハッキングされてしまいます。

理由は簡単。

セキュリティレベルが向上するのと同じように
ハッカーのスキルも成長していくからです。

もし大切な資産を取引所に置きっぱなしにしていたら
あなたの資産もハッカーの標的。

自分の身は自分で守る時代。

起こる全てが自己責任だからこそ
あなたが行動しなければ資産の安全は確保できません。

 

TREZOR(トレザー)

 

TREZOR(トレザー)があれば
あなたのその手で自分の資産を守ることができる。

もうハッキングに怯える日々ともおさらばです。

世界中の仮想通貨投資家が利用する
安心と信頼のハードウォレットを
あなたも手にしましょう。

 

おすすめの記事