仮想通貨|ドック(DOCK)とは?基本,特徴,今後,最新バイナンスチャートを紹介

 

「ドックってなに?」

「仮想通貨DOCKの今後ってどうなの?」

 

バイナンス(binance)に上場し、注目を浴びている仮想通貨「ドックDock(DOCK) 」

今回は、ドックDock(DOCK) の特徴やチャート、将来性や今後について解説していきます。

この記事を読めば、ドックDock(DOCK) の概要や注目ポイントをご理解いただけます。

 

大まかな特徴:ドックDock(DOCK)

・今までの個人情報のあり方を変える。
今まで企業が、個人情報を管理していました。それは、常に最新では無いため、信ぴょう性に欠けるもの。また、企業が営利目的で勝手に個人情報を利用、個人は情報の制御ができず、恩恵も受けられない。
ドックは、このような問題を解決。
ドックチェーンで個人情報を各個人が提供し、どこに開示するか等の制御を個人に帰属させた。
こうすることで、企業の個人情報管理コストやリスクが大幅に削減される。

ドックDock(DOCK) |基本情報

基本情報

名称:Dock

ティッカーコード:DOCK

発行上限:10億DOCK

利用チェーン:ERC-20 →Polkadotチェーンへ

コンセンサスアルゴリズム:現状→PoA(Proof-of-Authority)将来→PoS( Proof-of-Stake)

ドックDock(DOCK) |公式サイト・SNS

ドックDock(DOCK) |主要な上場先

ドックDock(DOCK)|ビジョン・目的

ドックのビジョンは、「信頼できるインターネットの実現し、常に正しい個人情報データを生成し、その個人情報を個人管理下に返すこと」です
そしてドック(Dock)は、上記のビジョンを達成するために、
  • 各組織・企業との提携・コラボレーションし、効率化を促進
  • 各組織同士が、相互運用を可能にする
  • 普遍的に滞りなく、個人が自身の個人情報を管理できるようにする

と、これらを目指します.

 

ドックDock(DOCK)|どんな問題を解決するか

 

個人情報の取扱いに関わる問題点としては、6つです。

  • 管理コストが非常に高い
  • 管理が高リスク
  • そもそも管理している個人情報が古い等、情報が不正確であり信ぴょう性にかける
  • 他のデータと互換性がない。
  • 企業に個人情報を営利目的に使われるが、個人に対して見返りなし
  • 個人情報を提供している本人が、一度企業に個人情報を預けてしまうと制限できなくなる。

 

ドックは、上記6つに対して、以下4つの解決策を提案しました。

  • ブロックチェーンで個人情報を管理することにより、管理コスト・管理リスクを下げる。
  • 個人が常にブロックチェーンで自身の情報をアップデートできるため、確実性が高い。
  • また、個人が個人情報を制御する側になるため、情報を悪用されない。
  • ドックチェーン上で他のデータと互換性を持たせるため、手間な新規登録等の入力を必要としない

 

ドックDock(DOCK) |特徴

特徴・ポイント

  • ポルカドットチェーンを用いたPoSアルゴリズム「hotswap」
  • 企業が個人情報を管理するのではなく、自身で制御できる
  • ドックチェーンに対応したアプリなら、新規登録の際の情報入力を省略できる

ポルカドットチェーンを用いたPoS承認「hotswap」

ドックは、現状PoA(Proof-of-Authority)と呼ばれるブロック承認アルゴリズムを使用しています。これは、個人が自身の個人情報を、ブロックチェーンに開示することによって、ノードを建てることができます。このノードを立てた人たちが、ブロックを承認していくということになります。

ドックは、今後ポルカドットと呼ばれる他の仮想通貨プロジェクトのブロックチェーンを用いる事が決定しています。ですから、PoAが終了し、ポルカドットの承認アルゴリズムであるPoSへと移行されます。

 

企業が個人情報を管理するのではなく、自身で制御できる

ドックでは、個人情報の管理主体を個人に帰属させるようになっています。ということはつまり、企業に個人情報を悪用される事がありません。また、企業が営利目的でドック内の個人情報を使用した場合、利用されたそれぞれの個人に報酬が分け与えられます。

今までは、個人情報を勝手に利用し、利益を得ていた企業ですが、ドックを使えば、その利益を個人も教授できるようになります。

ドックチェーンに対応したアプリなら、新規登録の際の情報入力を省略できる

ドックには、これから様々な、企業やアプリが参入してくる予定です。これらのアプリや企業間では、ドック内に預けている個人情報を共有することができます。つまり、私達が新しいアプリを起動する際に必要な、新規登録や情報入力の手間が省かれます。

 

ドックDock(DOCK) |サービス・商品

ドックでは、様々なサービスや商品展開を予定されています。

例えば、

●教育分野であれば、
成績証明・試験結果・コース修了認定

●政府であれば、
個人ID管理・パスポート情報管理・出生証明書・社会保障文書・死亡証明書・結婚証明書

●健康分野であれば
ヘルスケア記録・
試験結果・ライセンス

●企業なら
可能なスキルの登録・トレーニング賞・業界認証

●法的な分野であれば
ライセンス認証・特許認証・遺言・裁判所の判決

など、上記の様々な場面で利用可能です。

 

ドックDock(DOCK)|提携企業

 

ドックDock(DOCK)|CEO・運営メンバー

CEO:ニック・マカリオ

https://verifiable.com/aboutより引用

ニックは複数の創業者であり、テクノロジーエグゼクティブであり、退社しています。彼の以前の会社は、数百万人のユーザーに成長し、多くの賞や出版物で認められたプロフェッショナルネットワークサイトであるbranded.meでした。現在、ニックはDock&Remote.comの共同設立者兼CEOです。

COO:エリーナ

https://verifiable.com/aboutより引用

Elinaは、Dock&Remote.comの共同設立者兼COOです。彼女は複数の創業者であり、ベテランの市場運営者です。彼女の以前の会社はOutsource.comでした。これは、数万の仕事と数百万ドルの収益を処理するフリーランスのマーケットプレイスです。

 

ドックDock(DOCK)|今後・ロードマップ

 

Dockネットワークの究極の目標は、普遍的に検証可能な記録とクレームの発行のための分散型自律組織(DAO)への進化です。 DAOは、ブロックチェーンの管理、運用、および進化に直接責任を負います。 DAOガバナンスへのこの進展には時間がかかりますが、これらの取り組みを加速するために、アラゴンなどのベストプラクティスソリューションリーダーと緊密に連携します。

 

 

ドックDock(DOCK)|類似通貨・プロジェクト

シビックCivic(CVC)

 

ドックDock(DOCK) |ランキングと最新チャート

ドックDock(DOCK) |時価総額ランキング

 

ドックDock(DOCK) |最新チャート


ドックDock(DOCK) |まとめ

最後にまとめます。

まとめ

  • ドックは、信頼できる個人情報管理システムを構築している
  • ドックは、個人情報の管理を容易にし、かつ情報の管理主体を個人に帰属させる。
  • ドックチェーン間では、個人情報は流用でき、新規登録時の入力が不要
  • 将来は、DAO(自立分散型)で動く仕組みを作っている。

いかがでしたでしょうか。

ブロックチェーンの発展は、時間の問題です。今のうちから手に入れておいてもいいでしょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

\ 世界中が利用するNo.1ウォレット!  /
\ 検索して出てくるサイトは、悪質なフィッシングサイトが多数あり『危険』 /
サイトに飛んだら必ずブックマークを!
世界中の被害総額【約1400億円以上】

【約1400億円】

この数字は
今までに世界の取引所から
盗難された仮想通貨の総額
です。

実はどれだけ安心と言われている取引所でも
ハッキングされてしまいます。

理由は簡単。

セキュリティレベルが向上するのと同じように
ハッカーのスキルも成長していくからです。

もし大切な資産を取引所に置きっぱなしにしていたら
あなたの資産もハッカーの標的。

自分の身は自分で守る時代。

起こる全てが自己責任だからこそ
あなたが行動しなければ資産の安全は確保できません。

 

TREZOR(トレザー)

 

TREZOR(トレザー)があれば
あなたのその手で自分の資産を守ることができる。

もうハッキングに怯える日々ともおさらばです。

世界中の仮想通貨投資家が利用する
安心と信頼のハードウォレットを
あなたも手にしましょう。

 

おすすめの記事