仮想通貨|ウォレットの種類とは?|ホット・コールド等比較し簡単に解説

 

「コールドウォレットってなに?」

「仮想通貨のウォレットの種類っていくつあるの?」

 

今回は、このような悩みを解決できる記事を用意しました。

こちらの記事で解説する『簡単にわかるウォレットの種類について』を読んでいただければ、ウォレットの種類に関してサクッと理解してもらえます。

編集者自身も仮想通貨を知った当初は、ウォレットについて迷うところもありましたが、いまでは皆さんにお伝えできる様になりました。

ぜひ皆さんが、こちらの記事を読んで、仮想通貨の理解を深めてもらえればと思います。

また、『ウォレットについて』不安な方は、こちらの記事にまとめていますので、参考にしてみてください。

 

仮想通貨ウォレットの種類|実は2種類

仮想通貨のウォレットの種類は、様々なように感じます。

ですが実は、大きく分けるとたった2種類分けることができるのです。それは、「オンラインであるかオフラインであるか」の違いです。

今回は、種類別にご紹介していきます。

”オンライン”ウォレットの種類 → ホットウォレット、ソフトウォレット

仮想通貨市場において、数多く所持されているのが、ホットウォレットやソフトウォレットではないでしょうか。

これらは、全てオンラインウォレットに分類されます。

その理由は、常に「秘密鍵自体がオンライン状態」にあるからです。実は、この秘密鍵が「オンラインかそれともオフラインか」の違いによって分けられます。

オンラインウォレットは、秘密鍵と公開鍵(ウォレット)を常にオンライン状態で保持している状態です。

例えば、最近よくある「スマホのウォレット」もオンラインウォレットに分類されます。また、パソコンにダウンロードしてデスクトップ上で使用するウォレットもオンラインウォレットに分類されます。

オンラインウォレットのメリット

オンラインウォレットのメリットは、「手軽さ」です。

手軽にスマホからサッと送金をしたり、商品の決済をしたりすることができます。

オンラインウォレットのデメリット

オンラインウォレットのデメリットは、セキュリティが甘いことです。

どうしても、常にオンラインにさらされている為、ハッキングのリスクが非常に高いです。

おそらくパスワードや生体認証等で管理していると思われますが、最近のハッキングは非常に高度であり、オンラインにさらされている以上どんな事が合ってもおかしくは有りません。

 

”オフライン”ウォレットの種類 → コールドウォレット、ハードウォレット

オフラインウォレットの代表例が、「Trezor(トレザー)」のようなものがあります。

これらは、コールドウォレットやハードウォレットと呼ばれ、秘密鍵をオフラインで管理しています。

仕組みは簡単で、「Trezor(トレザー)」という機械の中に、秘密鍵を記憶させているだけです。そして、ウォレットの資金を移動させたいときだけ、ウォレットに接続させ、資金を移動させる。そして作業が終われば、また接続を解除してオフラインでトレザーを管理する。

このような仕組みとなっています。

オフラインウォレットのメリット

やはり、ハッキングのリスクが非常に低い点が最大のメリットとなります。

常にオフラインで秘密鍵を管理していいる為、ハッキングのリスクが殆どありません。

一番安全なウォレットと言えるでしょう。

オフラインウォレットのデメリット

デメリットは、使用時に都度秘密鍵を取り出してくる必要がある点です。日々使う人に取っては、これは、なかなか煩わしい作業だと思います。

ですが、資産の大半をオフラインウォレットにて管理。普段使用するものは、盗まれても納得のいく少額に留めて、オフラインウォレットで日々使う。

このように使用すれば、安全かつ快適に仮想通貨を使用することができます。

ウォレット|安全度とオススメ使用例

安全度は、やはり「コールドウォレット」です。オフラインでは、どうしてもハッキングのリスクが高いです。

意外だとよく思われるのが、コールドウォレットなら、もしパソコンが知らずの内にハッキングを受けていても安心という点です。

間違って、ハッキングを受けているパソコンにコールドウォレットを接続しても問題は有りません。

コールドウォレットの使用上、実際の送金は、手元の機械で操作します。ハッカーも手元の機械までは流石にそうさできません。ですから、資産を悪用される心配もありません。

 

ですからオススメは、上記で説明したとおり

「資産の大半をコールドウォレットで管理、普段使用する分は、盗まれてもいい程度にオンラインウォレットへ」

です。

こうすれば、2つのウォレットの最大のメリットの恩恵を受けつつ、デメリットを回避することができます。

まとめ

ウォレット

最後にまとめます。

まとめ

  • ウォレットの種類は実は2種類「オンラインかオフラインか」この分類は、秘密鍵の管理状況で分けられている。
  • 秘密鍵がオンラインであれば、→ オンラインウォレット
  • 秘密鍵がオフラインであれば → オフラインウォレット
  • 安全度が高いのは、「オフラインウォレット=コールドウォレット」
  • オススメの使い方は、「資産の大半をオフラインで、少額をオンラインで」

いかがでしたでしょうか。

普段なかなかウォレットを区別して使用している人を見かけません。

ですがもしものことを考えると、コールドウォレットにて資産を管理する必要性はかなり高いです。

ぜひ皆さんもコールドウォレットで資産を管理するようにしましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

\ 世界中が利用するNo.1ウォレット!  /
\ 検索して出てくるサイトは、悪質なフィッシングサイトが多数あり『危険』 /
サイトに飛んだら必ずブックマークを!
世界中の被害総額【約1400億円以上】

【約1400億円】

この数字は
今までに世界の取引所から
盗難された仮想通貨の総額
です。

実はどれだけ安心と言われている取引所でも
ハッキングされてしまいます。

理由は簡単。

セキュリティレベルが向上するのと同じように
ハッカーのスキルも成長していくからです。

もし大切な資産を取引所に置きっぱなしにしていたら
あなたの資産もハッカーの標的。

自分の身は自分で守る時代。

起こる全てが自己責任だからこそ
あなたが行動しなければ資産の安全は確保できません。

 

TREZOR(トレザー)

 

TREZOR(トレザー)があれば
あなたのその手で自分の資産を守ることができる。

もうハッキングに怯える日々ともおさらばです。

世界中の仮想通貨投資家が利用する
安心と信頼のハードウォレットを
あなたも手にしましょう。

 

おすすめの記事