ブロックスタック(STX)

「仮想通貨ブロックスタック(blockstack)とは?」

「仮想通貨ブロックスタック(STX)の今後ってどうなの?」

バイナンスに上場し、注目を浴びている仮想通貨「ブロックスタック(STX)」

ブロックスタック(STX)の最大の特徴は、
【dApps(分散型アプリケーション)のエコシステム構築】
つまり
「ブロックチェーンアプリの利便性を向上させるプロジェクト」です。

この記事を読めば、ブロックスタック(STX)の概要や注目ポイントをご理解いただけます。

大まかな特徴:ブロックスタック(STX)

【世界的な分散型金融プラットホームの構築を目指す】

ブロックスタック(STX)は、

  1. ブロックチェーンアプリを
    ブロックチェーンの知識が無くとも
    作成できるようにする
  2. 1つのIDで全ブロックスタック内のアプリが
    個人情報をいちいち入力しなくても
    使用可能にする

という目的がある。

\ 世界中が利用するNo.1ウォレット!  /
\ 検索して出てくるサイトは、悪質なフィッシングサイトが多数あり『危険』 /
サイトに飛んだら必ずブックマークを!

ブロックスタック(STX)|基本情報

基本情報

名称: ブロックスタック(blockstack)

ティッカーコード:STX

発行上限:2,048,913,388STX

利用チェーン:独自チェーン

コンセンサスアルゴリズム:Tunable Proof-of-Work

ブロックスタック(STX)|公式サイト・SNS

ブロックスタック(STX) |主要な上場先

ブロックスタック(STX)|ビジョン・目的

ブロックスタック(STX)は、
ユーザーが自分で自分のデータを管理できるように
公正なインターネットを開く
というビジョンを掲げています。

具体的には、

  1. ブロックチェーンアプリを
    ブロックチェーンの知識が無くとも
    作成できるようにする
  2. 1つのIDで全ブロックスタック内のアプリが
    個人情報をいちいち入力しなくても
    使用可能にする

という目的を掲げています。

ブロックスタック(STX)|解決する問題

現在ブロックチェーンアプリ、
つまり
dApps(分散型アプリケーション)の開発は
日々発展を遂げています。

ですが、まだまだその人工は少ないです。

その原因として

  • わざわざブロックチェーンを
    理解しないといけない
  • 新しいプログラミング言語の理解が必要

という問題が有りました。

また巷に出回るアプリも

  • いちいち個人情報を入力しなければならない。
  • 入力した個人情報は相手企業が管理するため
    個人情報の漏洩が危惧される

など、不都合が沢山ありました。

ブロックスタック(STX)は
これらの問題を解決すべく
発足しました。

 

ブロックスタック(STX)|特徴

特徴・ポイント

  • 「GAIA」と呼ばれる、高度な広がりをもたせた
    ブロックチェーンストレージ
  • アプリ開発がJavascriptで容易
  • 「ユニバーサルID」という1つのIDだけで
    アプリ間の情報共有が可能
  • 個人情報の開示に対する選択権を
    個人が持つ。

「GAIA」と呼ばれる、高度な広がりをもたせた
ブロックチェーンストレージ

ブロックスタック(STX)は、
「GAIA」と呼ばれるブロックチェーン上のストレージ領域を設けました。

これにより
アプリのソフトは、スマートフォンで管理し、
アプリの情報やデータはブロックチェーン上で堅牢に保管。

という技術を生み出しました。

ストレージにアクセスできるのは
登録した個人のみ。

改ざんのないブロックチェーン上で
自身の情報を管理することを可能にしました。

アプリ開発がJavascriptで容易

いままで、
ブロックチェーンアプリを開発するには
ソリディティなどの専用言語を習得する必要が有りました。

またブロックチェーンに対する理解も
必要であり、新規エンジニアの参入が
少ない傾向にありました。

そこでブロックスタック(STX)は
アプリ開発で世界的に使われている言語
JavaScriptでdApps(分散型アプリケーション)を
作成できるようにしました。

ですから
ブロックチェーンの知識が無くとも
有用なエンジニアがdApps(分散型アプリケーション)開発
をすることができるようになります。

今後はJavaScript以外も
展開される予定です。

 

「ユニバーサルID」という1つのIDだけで
アプリ間の情報共有が可能

いままでなら
アプリをダウンロードしてプレイするごとに
本人登録やパスワードを登録する必要がありました。

これは面倒であり、
無くなるのであればなくしたい機能です。

そこでブロックスタック(STX)は
「ユニバーサルID」というアイデアを構築。

1つのIDをさえあれば
ブロックスタック(STX)上のどんなアプリでも
情報を共有できるようにしました。

例えば、
現在のテキストアプリなら
ラインやスラック、チャットワーク、
フェイスブックなどがあります。

これらは企業という中央集権の基
サービスを提供している為
企業側がサービスを好きに提供する仕様でした。

ですがこれらを分散化させれば
世界中の人たちが有用認めるサービスを
自らサービスに付け加える事ができます。

そうすることで
1つの企業では到底達しなかった
想像を超えるアプリが出来上がります。

 

個人情報の開示に対する選択権を
個人が持つ。

いままでの個人情報は
企業が管理し、どのように利用されているかが
登録者からすると不透明でした。

だからこそ
情報漏えいなどの危険がありました。

ブロックスタック(STX)は
これらを改善。

個人情報の管理を個人にさせることとしました。

そうすることで
自分の情報は自分で守る
という構図が生まれだしました。

 

ブロックスタック(STX)|サービス・商品

ブロックスタック(STX)

ブロックスタック(STX)

ブロックスタック(STX)

 

上図のサービスが
現在ブロックスタック(STX)で提供している
dApps(分散型アプリケーション)の数々です。

これらは
ブロックスタック(STX)側が制作しているのではなく、
あらゆるエンジニアがアプリをブロックチェーン上に
展開しています。

ブロックスタック(STX)|出資・提携企業

こちらがブロックスタック(STX)へ出資している企業・提携企業です。

詳細はこちら

 

ブロックスタック(STX)

ブロックスタック(STX)|CEO・運営メンバー

ムニーブ・アリ|CEO & Co-founder

ブロックスタック(STX)

Muneeb AliはBlockstackの共同設立者であり、
Blockstack PBCのCEOを務めています。

彼はプリンストン大学から分散システムの博士号を取得し、
そこでクラウドコンピューティングに関する
ゲスト講義を行っています。

彼はスタンフォード大学とSICSの客員研究員でした。

 

アルバート・ウェンガー|マネージングパートナー

ブロックスタック(STX)

アルバートウェンガーは
ユニオンスクエアベンチャーズ(USV)の
マネージングパートナーであり、
Etsy(IPO)、MongoDB(IPO)、Twilio(IPO)、
Behance(Adobeが買収)、
およびFirebaseへのUSVの投資を含む
さまざまな投資を率いています。

 

JPシン|プリンストン教授

ブロックスタック(STX)

JPシンは、
1995年からプリンストン大学で
コンピューターサイエンスの教授陣を務めています。

スタンフォード大学で博士号を取得し、
スケーラブルなインフラストラクチャと
アプリケーションの第一人者です。

 

ブロックスタック(STX)|今後・ロードマップ

今後のロードマップはこちらです。

2020 Q3〜Q4

  • Stacksブロックチェーンで直接App Miningの登録と投票を開始します。
  • Stacks Wallet V4のリリース、より高速で安価なトランザクション。

2020 Q1-Q2

  • App Mining STXの支払いを1か月あたり1,000,000ドルの目標に増やします。
  • 新しいコンセンサスアルゴリズム、シンプルなクライアント検証、高スループット、スマートコントラクト、アプリ固有のトークンを備えたStacks V2ハードフォークを完成させます。
  • メインネットでのClarityのリリースにより、フル機能のスマートコントラクトとアプリ内金融サービスが可能になります。
  • Blockstackネットワーク(Milestone 2)で最初の100万人のユーザーに成長します。
  • アプリの使用状況、成長、保持についてレポートするための匿名分析APIのリリース。
  • Blockstack認証用のiOSおよびAndroidアプリの起動。
  • Blockstack Naming SystemとDNSを介してアプリを公開する機能を起動します。
  • Stacks V2メインネットでのMining Pilotの起動。

2019年第4四半期

  • UXおよびアプリ内トランザクション署名が改善された新しいBlockstack認証システムのアルファリリース。
  • 毎年恒例のフラッグシップイベントである第4回Blockstack Summit 2019を開催します。
  • App Mining STXの支払いを1か月あたり50万ドルの目標に増やします。
  • Hardfork経由でStacksトークンを2019年の投資家に配布します。
  • Stacks Blockchain V2の完全なセキュリティ監査。
  • Clarityスマートコントラクト言語のベータ版をリリースします。

2019年第3四半期

  • SEC認定トークンの提供およびアジアの戦略的資金調達ラウンドで約2,300万ドルを調達しました。
  • ハッシュキーとSNZが率いるアジアの戦略的資金調達ラウンドを発表。
  • Blockstackで構築された250の独立したアプリに到達しました。
  • App Miningに参加しているエコシステム開発者にSTXの支払いを開始しました。
  • トランザクションおよびスマートコントラクトをサポートするStacks V2テストネットを開始しました。
  • 何千人もの学生開発者にBlockstackを教えることを目的としたLambda Schoolとのパートナーシップを発表しました。
  • Gaiaでのアプリ間データ共有のプロトコルであるCollectionsの開発者プレビューをリリースしました。
  • Stackstackのチュートリアルをリリースし、Blockstackアプリ開発のすべての側面をカバーしました。

 

 

ブロックスタック(STX)|類似プロジェクト

ブロックスタック(STX)と似たプロジェクトとして
『Dock』があります。

Dockもまた個人情報を
自ら管理することを目指したプロジェクトです。

 

 

ブロックスタック(STX)|ランキングと最新チャート

現在のブロックスタック(STX)の状況はこちらです。

ブロックスタック(STX)|時価総額ランキング

ブロックスタック(STX)|最新チャート


ブロックスタック(STX)|まとめ

ブロックスタック(STX)

いかがでしたでしょうか。

ブロックチェーン技術は
まだまだ発展途上ではあります。

ですが確実に一歩づつ進歩しています。

今回の記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

\ 世界中が利用するNo.1ウォレット!  /
\ 検索して出てくるサイトは、悪質なフィッシングサイトが多数あり『危険』 /
サイトに飛んだら必ずブックマークを!
世界中の被害総額【約1400億円以上】

【約1400億円】

この数字は
今までに世界の取引所から
盗難された仮想通貨の総額
です。

実はどれだけ安心と言われている取引所でも
ハッキングされてしまいます。

理由は簡単。

セキュリティレベルが向上するのと同じように
ハッカーのスキルも成長していくからです。

もし大切な資産を取引所に置きっぱなしにしていたら
あなたの資産もハッカーの標的。

自分の身は自分で守る時代。

起こる全てが自己責任だからこそ
あなたが行動しなければ資産の安全は確保できません。

 

TREZOR(トレザー)

 

TREZOR(トレザー)があれば
あなたのその手で自分の資産を守ることができる。

もうハッキングに怯える日々ともおさらばです。

世界中の仮想通貨投資家が利用する
安心と信頼のハードウォレットを
あなたも手にしましょう。

 

おすすめの記事