マイニング

 

「マイニングってなに?」

「マイニングってどういう仕組みなの?」

 

このような悩みを解決できる記事を用意しました。

この記事で解説する『わかりやすいマイニングの仕組みや未来』を読めば、あなたも仮想通貨の世界にもっと興味を持つことになるでしょう。

編集者である私自身、マイニングの世界を知り、仮想通貨の虜となりました。

 

もし、『ブロックチェーンについて』まずは簡単に知りたいという方は、コチラの記事を参考にしてみてください。

 

ハッシュ関数で繋ぐマイニング

マイニングとは、ブロックとブロックを繋ぐ作業のことを指します。

そして、ブロックとブロックを繋いだ報酬として、「新しく発行された通貨」をもらう事ができます。

実は、仮想通貨の通貨発行は、マイニングによって行われているのです。これが「マイニング=採掘」と呼ばれる理由です。

マイニングの鍵となる仕組みの1つに、「ハッシュ関数」と呼ばれるものがあります。

ハッシュ関数とは、「ハッシュ=ぐちゃぐちゃ」の意味があり、ある一定の文字数をハッシュ関数を通すことで、特定の文字列に変換することができるのです。ハッシュドポテトのハッシュと実は同じ意味です。

例えば、

「バイナンス」という文字を、ハッシュ関数に通すと、→joyfou3haou07ke

という文字の羅列が出来上がります。これは、何度やっても同じ文字列ができあがります。

次に「ばいなんす」という文字をハッシュ関数に通すと、→dhfoueoi3ji09i8

と、このように同じ読み方でもひらがな・カタカナの違いで違うものができあがります。

また、ハッシュ関数には面白い特徴があります。それが、「不可逆性」と呼ばれるものです。

ハッシュ関数の「不可逆性」がブロックチェーンの根幹を支える。

先程例に上げた、「バイナンス」という文字から生まれた文字列「joyfou3haou07ke」

実は、この文字列がどんな文字から生まれたかは誰にもわからないのです。つまり、文字列から元の文字「バインナス」を読み解くことは不可能なのです。これを「不可逆性」と呼んでいます。

これが、実はブロックチェーンのセキュリティが強固である仕組みであり、マイニングの仕組みでもあります。

少し前に、「ブロックとブロックを繋ぐ際は、1つ前のブロック情報の一部を使って、新しいブロックを生成する」ということを書きました。この情報の一部は、ブロックの「ナンス値」と呼ばれるものを指しています。

マイニングでは、この「ナンス値」にいくつかの文字や数字を足したり掛け合わしたりして、ハッシュ関数に通して特定の文字列が出るまで計算し続けます。

この計算が世界中のマイニングマシンで行われ、世界中で一番に答えを出したものが勝利者となり、ブロックをチェーンに繋げることができます。そして報酬を獲得します。

これが「マイニングは計算大会だ」と呼ばれる理由です。

ちなみに、特定の数字とは、以下のようなものです。

「000000000ihuheihh3231a;jf」

この前半の数桁にも及ぶ0の羅列がキーポイントです。

実は、ハッシュ関数に何度と無く文字を通して、この0の数が合うまで計算し続けているのです。

補足として、この0の数によって計算の難易度を調整しています。この調整を「ディフィカルティ」と呼んだりします。

 

マイニングの種類・方法|コンセンサスアルゴリズム

上記で説明したとおり、ブロックを繋ぐには計り知れない計算をしてブロックを繋ぐことに成功します。

この計算の後に、「この計算が本当に合っているのか?」という検証作業を全世界のパソコンが行います。そこで皆さんの「間違いないです」という承認を得ることで、初めてブロックがチェーンへと繋がれます。

その承認方法を「コンセンサス(=承認)アルゴリズム」と呼びます。

この承認方法は、様々なものが存在しています。

例えば、上記のように「大量に計算して、最後に合っているのかの検証をしてブロックを繋ぐ作業」を、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)と呼びます。

他にも、PoS(プルーフ・オブ・ステイク)と呼ばれる、保有数にが多い人程当選確率の高い、ランダムでブロックを生成する権利を得ることができるものも存在しています。

 

まとめ

バイナンス 優秀

最後にまとめます。

まとめ

  • マイニングとは、ブロックとブロックを繋ぐ作業
  • マイニングの鍵となる仕組みの1つが「ハッシュ関数」
  • マイニングの承認方法は様々ある。

いかがでしたでしょうか。

マイニングは、一見難しいですが、中身を知れば意外と面白い仕組みとなっています。
今回の記事が皆さんの参考になれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

\ 世界中が利用するNo.1ウォレット!  /
\ 検索して出てくるサイトは、悪質なフィッシングサイトが多数あり『危険』 /
サイトに飛んだら必ずブックマークを!
世界中の被害総額【約1400億円以上】

【約1400億円】

この数字は
今までに世界の取引所から
盗難された仮想通貨の総額
です。

実はどれだけ安心と言われている取引所でも
ハッキングされてしまいます。

理由は簡単。

セキュリティレベルが向上するのと同じように
ハッカーのスキルも成長していくからです。

もし大切な資産を取引所に置きっぱなしにしていたら
あなたの資産もハッカーの標的。

自分の身は自分で守る時代。

起こる全てが自己責任だからこそ
あなたが行動しなければ資産の安全は確保できません。

 

TREZOR(トレザー)

 

TREZOR(トレザー)があれば
あなたのその手で自分の資産を守ることができる。

もうハッキングに怯える日々ともおさらばです。

世界中の仮想通貨投資家が利用する
安心と信頼のハードウォレットを
あなたも手にしましょう。

 

おすすめの記事