ブロックチェーン

 

「ブロックチェーンってなに?」

「ブロックチェーンってどういう仕組みなの?」

 

このような悩みを解決できる記事を用意しました。

この記事で解説する『わかりやすいブロックチェーンの仕組みや未来』を読めば、あなたも仮想通貨の世界にもっと興味を持つことになるでしょう。

編集者である私自身、ブロックチェーンの世界を知り、仮想通貨の虜となりました。

そのくらい、ブロックチェーンという技術は素晴らしいものです。

もし、『ブロックチェーンについて』まずは簡単に知りたいという方は、コチラの記事を参考にしてみてください。

 

世界を変える「分散型管理台帳」

ブロックチェーンは、別名「分散型管理台帳」とも呼ばれています。少し噛み砕いてみると「世界中で分散して管理をしている取引履歴をまとめたもの」という表現がわかりやすいのではないでしょうか。

ブロックチェーンは、いくつものブロックが繋がれているものを指します。そのブロック一つ一つには、様々な取引=トランザクションが、収納されています。そして、ブロック内の容量がいっぱいになれば、ブロック情報の一部を引き継いで次のブロックを生成する。

ちなみにこの「前のブロックと新しく生成されたブロックを繋ぐ作業」をマイニングと呼んでいます。

上記のブロックが、2009年に始めてブロックが生成されてから、今までずっと繋がれてきています。だから「ブロックチェーン」と呼ばれているのです。

 

ブロックチェーンの特徴|世界中で共有している

ブロックチェーンの大きな特徴は、3点あります。

1.分散して管理している

2.改ざんできない

3.中央集権がいない。(=非中央集権)

それぞれについて見ていきましょう。

 

1.分散して管理している。

実は、ブロックチェーンのデータは、世界中のパソコンで共有されています。

これを「P2P(ピーツーピー)システム」と呼びます。このPとは、「Pier(ピアー)」と呼ばれ、1つの個人やパソコンを指します。このパソコン同士で、同じデータを共有しあっているため、1つのパソコンデータが破損しても他のデータにデータがあるため、無くなることはありません。

また、各々のパソコンで管理しているため、管理コストもかからないことも1つのメリットとなります。

2.改ざんできない

上で書いたとおり、ブロックチェーンは、世界中のパソコン上で管理されています。

ということは、1箇所のパソコンがハッキングに合い、ブロックチェーン上のデータが改ざんされたところで、正常なデータが世界中に分散しているため、改ざんには至りません。ブロックチェーンを改ざんしようと思うのであれば、全世界のパソコンを同時にハッキングし、データを改ざんする必要があるのです。

このため、「ブロックチェーンは、セキュリティが高い」と言われています。

3.中央集権がいない

実はブロックチェーンは、どこかの企業が運営しているものでは有りません。

上記で説明しましたとおり、管理は、世界中のパソコンで管理しています。これが「中央集権がいない」と呼ばれているりゆうです。

中央集権がいない、非中央集権であるメリットは、私利私欲のためのデータ利用を防ぎます。

また、中央集権では1箇所にデータが集中してしまいます。もしその1箇所のデータがハッキングされてしまえば、容易に改ざんされてしまいます。

ですが、分散型で非中央集権で管理していれば、その心配も有りません。

ブロックチェーンの使用例|どんな者に使われているのか

リップル

今回は、ブロックチェーンの利用例のほんの一部を紹介したいと思います。

リップル(XRP)

リップルは、「銀行間取引の高速化」を目指しているプロジェクトです。

いま銀行間取引には、深刻な問題が存在しています。それは、取引スピードの遅さと高い手数料です。

国同士でお金をやり取りをする場合、通しても距離があるため時間がかかってしまいます。

また、処理も複雑であるため、手数料も高額になってしまいます。

例えば、ある国に1万円を送るのに、1万2千円掛かるといった事象も起きてしまいます。

これでは、出稼ぎに来ている人たちが、せっかく自国を離れて稼いでいるのにも関わらず、意味をなさなくなってしまいます。

その問題を解決したのが、リップルです。

リップルは、ブロックチェーンを用いてXRPと呼ばれる仮想通貨を発行しました。そして世界の銀行がこのXRPを使って取引をすることによって、取引スピードを大幅に削減することが可能になりました。

通常の国際送金が、1週間程掛かるのに対して、リップルを使用すれば、4秒で送金することが可能です。

また、送金に関する手数料も1円程度と破格の数字です。

これこそ、ブロックチェーンの特徴を最大限に利用した取り組みでしょう。

 

ブロックチェーンの利用例は、多岐にわたります。また、これからもまだ見ぬ技術や利用例が次々と誕生してくるでしょう。

まとめ

最後にまとめます。

まとめ

  • ブロックチェーンとは、「世界中で分散して管理をしている取引履歴をまとめたもの」
  • ブロックチェーンは、世界中のパソコンで管理している
  • 世界中で管理しているため、セキュリティが高い
  • ブロックチェーンは、運営者がいない。
  • リップルは、国際送金に革命を起こした。

いかがでしたでしょうか。
ブロックチェーンは、まだまだこれからも発展し、知らず知らずの内に、皆さんの生活に溶け込み、浸透していくことでしょう。
これからの世界の発展に大いに期待できます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

\ 世界中が利用するNo.1ウォレット!  /
\ 検索して出てくるサイトは、悪質なフィッシングサイトが多数あり『危険』 /
サイトに飛んだら必ずブックマークを!
世界中の被害総額【約1400億円以上】

【約1400億円】

この数字は
今までに世界の取引所から
盗難された仮想通貨の総額
です。

実はどれだけ安心と言われている取引所でも
ハッキングされてしまいます。

理由は簡単。

セキュリティレベルが向上するのと同じように
ハッカーのスキルも成長していくからです。

もし大切な資産を取引所に置きっぱなしにしていたら
あなたの資産もハッカーの標的。

自分の身は自分で守る時代。

起こる全てが自己責任だからこそ
あなたが行動しなければ資産の安全は確保できません。

 

TREZOR(トレザー)

 

TREZOR(トレザー)があれば
あなたのその手で自分の資産を守ることができる。

もうハッキングに怯える日々ともおさらばです。

世界中の仮想通貨投資家が利用する
安心と信頼のハードウォレットを
あなたも手にしましょう。

 

おすすめの記事