バイナンス カバ (Kava) 今後

 

『バイナンス(binance)IEOで手に入れた
仮想通貨カバ (Kava)はどうすればいい?』

 

バイナンスに上場し、注目を浴びている仮想通貨「カバ (Kava) 」
手に入れたものの同処理をしようか迷う人も多いはず。

結論からお伝えすると

『カバ (Kava)の将来性に共感!今後も伸びる!』
と判断するなら「即ウォレット」

『カバ (Kava)の将来性についてはよくわからない!』
と判断するなら「即売却」

です。

この記事をご覧いただければ
仮想通貨に2年以上携わってきた視点で見る
カバ (Kava)の今後や将来性についての注目ポイントをご理解いただけます。

 

カバ (Kava)は『分散型金融プラットホーム』|基本・特徴・今後・最新バイナンスチャートを紹介

 

大まかな特徴:カバ (Kava)

【世界的な分散型金融プラットホームの構築を目指す】
現在のDefi市場(分散型金融市場)はイーサリアムのほぼ独占状態。
これではイーサリアムの保有者しか借り入れができない。
そこで誕生したのが「カバ(Kava)」
カバはコスモス(ATOM)のクロスチェーン技術を採用。
イーサリアムだけでなくビットコイン(BTC)やリップルなど
様々な仮想通貨を担保として受け入れることが可能。
これにより
借り入れすることができるユーザー層が拡大した。
\ 世界中が利用するNo.1ウォレット!  /
\ 検索して出てくるサイトは、悪質なフィッシングサイトが多数あり『危険』 /
サイトに飛んだら必ずブックマークを!

カバ (Kava)|今後の予想上場先

カバ (Kava)の今後の上場先として
様々なことが検討できます。

一番参考になるのが
「かつてのバイナンス(binance)IEOで配布された仮想通貨が
どこに上場していったのか」
です。

直近だと

【BAND】
主要取引所への上場なし

【PERL】
主要取引所への上場なし

【WIN】
主要取引所への上場なし

【ERD】
主要取引所への上場なし

【ONE】
・Huobi
・Gate.io

【MATIC】
主要取引所への上場なし

とこのようになっています。

過去のバイナンスIEOの傾向を見ていると
主要な上場先には上場していません。

ここから予想すると
今後取引所への上場で得る
利益は少ないでしょう。

カバ (Kava)|今後の価格予想

カバ (Kava)の今後の値動きとして
参考になるのが
これも同じ過去のバイナンスIEOで配られた仮想通貨の
価格推移が参考になるでしょう。

【BAND】


【PERL】


【WIN】


【ERD】


【ONE】


【MATIC】


 

上記各チャートを見ると
上場後から下がっている通貨が大半です。

ここから予想すると
概ねIEO後は下落傾向にあります。

 

カバ (Kava)|技術展開予想

カバ (Kava)の主要プロジェクトは
「DeFi(分散型金融プラットホーム)」です。

分散型金融プラットホームの将来性は
正直にお伝えすると「未知数」です。

なぜなら
仮想通貨自体が社会に浸透していない中で
一段も二段も上のレイヤーである「金融市場」に
未来性がまだ見えないからです。

プロジェクト内容を見ている分には
魅力的に感じる部分もあるでしょう。

ですが
プロジェクトが魅力的なのと
そのプロジェクトが社会に浸透するのは別の話です。

理想と現実の中で
「カバ (Kava)のプロジェクトは社会に取って必要だ」
と感じる方は保有もありです。

 

カバ (Kava)のウォレットは?

現状カバ (Kava)ウォレットに関してはウォレットの詳細が出ていません。

メインネットで独自チェーンを展開していくので
独自ウォレットの開発も進んでいるでしょう。

元のブロックチェーンは
バイナンス開発の「BEP2」

また開発はコスモス(ATOM)の技術を
利用しています。

ですので今後は
バイナンスとコスモスのウォレットで保管できる様になるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

カバ (Kava)を持ち続けるか売却するかは
最終的にはご自身の判断です。

その判断の参考に今回の記事が参考になれば幸いです。

 

カバ (Kava)は『分散型金融プラットホーム』|基本・特徴・今後・最新バイナンスチャートを紹介

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

\ 世界中が利用するNo.1ウォレット!  /
\ 検索して出てくるサイトは、悪質なフィッシングサイトが多数あり『危険』 /
サイトに飛んだら必ずブックマークを!
世界中の被害総額【約1400億円以上】

【約1400億円】

この数字は
今までに世界の取引所から
盗難された仮想通貨の総額
です。

実はどれだけ安心と言われている取引所でも
ハッキングされてしまいます。

理由は簡単。

セキュリティレベルが向上するのと同じように
ハッカーのスキルも成長していくからです。

もし大切な資産を取引所に置きっぱなしにしていたら
あなたの資産もハッカーの標的。

自分の身は自分で守る時代。

起こる全てが自己責任だからこそ
あなたが行動しなければ資産の安全は確保できません。

 

TREZOR(トレザー)

 

TREZOR(トレザー)があれば
あなたのその手で自分の資産を守ることができる。

もうハッキングに怯える日々ともおさらばです。

世界中の仮想通貨投資家が利用する
安心と信頼のハードウォレットを
あなたも手にしましょう。

 

おすすめの記事