バイナンス|取引履歴や入出金履歴の出力方法とは?税金計算に必要

 

仮想通貨取引をしていると気になるのが、仮想通貨にかかる税金面。

今回は、バイナンスでトレードを行っている上で、確定申告等に必要な資料をご紹介いたします。

 

重要なのは、取引履歴と入出金履歴

 

 

基本的に、必要になってくる資料は、

「取引履歴(Trade History)」と「入出金履歴(Deposit & Withdrawal History)」の2種類です。

 

取引履歴は、今までいつ・どれだけ・何を・いくらで買ったのかが全て記録された資料です。

入出金履歴は、今までバイナンスに仮想通貨を入金したり出金したりした通貨の履歴になります。

これらは、個人であれば、1月1日〜12月31日分が必要となってきます。

 

 

取引履歴(Trade History)出力方法

 

それでは、取引履歴の出し方について解説していきます。

 

1.ログインし、「Balance」を開く

 

 

2.「Orders」を開く

 

画面少し上に「Trade History」とあるのでそちらをクリック

3.期間を選択する。

上部で期間を選択し、取引履歴を確認します。(3ヶ月ごとにしか表示できません。)

必要な期間を、表示させて右上にある「Export complete trade history」でエクセルで出力しましょう。

 

 

入出金履歴(Deposit & Withdrawal History)出力方法

 

続いて、入出金履歴の出力方法も解説していきます。

 

1.ログインし、「Deposit & Withdrawal History」を開く

 

2.必要に応じてエクセルを出力

こちらに、左上のボタンで、入金・出金を切り替えることが可能です。

また、取引履歴同様、右上のボタンでエクセル出力可能です。

 

まとめ

 

 

最後にまとめます。

 

まとめ

  • 確定申告時は、入出金履歴と取引履歴が必要
  • それぞれを出力し、税金計算に活かす。

 

いかがでしたでしょうか。

仮想通貨取引を行っていく上で、税計算は切っても切れない存在です。

ぜひ、データを出力し正しく申告しましょう。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

\ 世界中が利用するNo.1ウォレット!  /
\ 検索して出てくるサイトは、悪質なフィッシングサイトが多数あり『危険』 /
サイトに飛んだら必ずブックマークを!

 

世界中の被害総額【約1400億円以上】

【約1400億円】

この数字は
今までに世界の取引所から
盗難された仮想通貨の総額
です。

実はどれだけ安心と言われている取引所でも
ハッキングされてしまいます。

理由は簡単。

セキュリティレベルが向上するのと同じように
ハッカーのスキルも成長していくからです。

もし大切な資産を取引所に置きっぱなしにしていたら
あなたの資産もハッカーの標的。

自分の身は自分で守る時代。

起こる全てが自己責任だからこそ
あなたが行動しなければ資産の安全は確保できません。

 

TREZOR(トレザー)

 

TREZOR(トレザー)があれば
あなたのその手で自分の資産を守ることができる。

もうハッキングに怯える日々ともおさらばです。

世界中の仮想通貨投資家が利用する
安心と信頼のハードウォレットを
あなたも手にしましょう。

 

おすすめの記事