仮想通貨|ネオ(NEO)とは?特徴,今後,将来,最新チャートを紹介【バイナンス】

 

「ネオってなに?」

「仮想通貨NEOの今後ってどうなの?」

 

時価総額も高く、世界的に有名な仮想通貨「ネオ(NEO)」

今回は、ネオ(NEO)の特徴やチャート、将来性や今後について解説していきます。

この記事を読んでいただくと、ネオ(NEO)の概要や注目ポイントを理解していただけます。

 

ネオ(NEO)|特徴

デジタルIDとデジタル資産

ネオが描く未来は、「スマートエコシステム」です。

その技術を支えるのが「デジタルID」と「デジタル資産」です。

 

ネオは、中国の企業です。

中国では、社会インフラがまだ整っておらず、

自分の身分を証明できない人や戸籍が登録されていない人が実は沢山います。

その問題を解決するために、ネオの「デジタルID」技術があります。

 

ブロックチェーンを用いて、デジタルで自分の身分を共有し証明する。

また、ブロックチェーンは、改ざん・改変ができません。また誰しもがデータにアクセスし個人の情報見ることができます。

 

だから、戸籍登録も簡単であり、名前が無いという事態が免れます。

また、個人情報が確立されるため、個人に紐づく資産も確立する。

 

つまり、この土地が誰のものなのか、誰がこのマンションを所有しているのかが、デジタルで管理することができる。

それが「デジタル資産」の役割です。

 

この「デジタルID」と「デジタル資産」が成立することで、

中国内においての、「スマートエコシステム」が確立できる。

 

つまり、今まで戸籍がなかった人や自分の土地なのにそれを証明できなかった人たちが、

市場に参加することができる。

 

ネオは、そんな未来の実現の為に開発されました。

 

 

クロスチェーン導入「NeoX」

 

ネオは、クロスチェーンの導入も進めています。

 クロスチェーンとは?

通常交じり合わないブロックチェーン同士を繋ぐ技術、これにより独自チェーン間でも相互運用が可能。

 

これにより、ネオの独自ブロックチェーンで生み出す経済圏だけでなく、

ビットコインやイーサリアムなどの世界経済とも連携を図ることが可能になります。

 

そうなれば、中国市場は更に発展し、活性化されます。

 

 

量子コンピューター対策「NeoQS」

 

ブロックチェーンの天敵として、よく取り上げられのがこの「量子コンピュータ」です。

 

ブロックチェーンは、新しいブロックを計算する際に、実は「ナンス値」と呼ばれる値を計算する必要があるのです。

この計算は、通常のパソコンでは、非常に時間がかかるものなのです。

ですが、

量子コンピュータだとすぐに演算してしまう。

 

すぐに計算されてしまえば、悪意のあるユーザーが量子コンピュータを用いて、

ブロックチェーンを自分の有利になるように改ざんしてしまう恐れがあります。

 

ネオは、その量子コンピュータに対処すべく「NeoQS」という技術を開発しています。

 

 

 

ネオ(NEO)|ランキングとチャート

ネオ(NEO)の時価総額ランキングはこちら

 

ネオ(NEO)のチャートはこちら


ネオ(NEO)|今後|時間の問題

 

 

ネオの発展は、時間の問題であると考えます。

ネオは、中国市場での発展を第一の目的としてきました。

なぜか。

 

中国は、「管理社会」で有名です。

常にカメラで全員が監視されています。

また、中国国内では、グーグルが使えないのことも有名です。

 

そんな環境の中で、外部の技術であるビットコインやイーサリアムが政府認可の元、

普及することはかなり難しいでしょう。

 

そうなれば、中国公認であるネオは、かなり有望であり、中国市場を独占する勢いがあるでしょう。

その意味から、時間の問題と考えます。

 

 

ネオ(NEO)|まとめ

 

仮想通貨 NEO

 

最後にまとめます。

 

まとめ

  • ネオは、「デジタルID」と「デジタル資産」を用いて、「スマートエコシステム」を実現
  • クロスチェーンや量子コンピューターにも対処
  • ネオの発展は時間の問題

 

いかがでしたでしょうか。

中国市場におけるネオの発展は、時間の問題です。今のうちから手に入れておいてもいいでしょう。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

\ 世界中が利用するNo.1ウォレット!  /
\ 検索して出てくるサイトは、悪質なフィッシングサイトが多数あり『危険』 /
サイトに飛んだら必ずブックマークを!

 

世界中の被害総額【約1400億円以上】

【約1400億円】

この数字は
今までに世界の取引所から
盗難された仮想通貨の総額
です。

実はどれだけ安心と言われている取引所でも
ハッキングされてしまいます。

理由は簡単。

セキュリティレベルが向上するのと同じように
ハッカーのスキルも成長していくからです。

もし大切な資産を取引所に置きっぱなしにしていたら
あなたの資産もハッカーの標的。

自分の身は自分で守る時代。

起こる全てが自己責任だからこそ
あなたが行動しなければ資産の安全は確保できません。

 

TREZOR(トレザー)

 

TREZOR(トレザー)があれば
あなたのその手で自分の資産を守ることができる。

もうハッキングに怯える日々ともおさらばです。

世界中の仮想通貨投資家が利用する
安心と信頼のハードウォレットを
あなたも手にしましょう。

 

おすすめの記事