仮想通貨|トモチェーンTomoChain(TOMO) とは?基本,特徴,今後,最新チャートを紹介【バイナンス】

 

「トモチェーンってなに?」

「仮想通貨TOMOの今後ってどうなの?」

 

バイナンスに上場し、注目を浴びている仮想通貨「トモチェーンTomoChain(TOMO) 」

今回は、トモチェーンTomoChain(TOMO) の特徴やチャート、将来性や今後について解説していきます。

 

この記事を読んでいただくと、トモチェーンTomoChain(TOMO) の概要や注目ポイントをご理解いただけます。

 

大まかな特徴:トモチェーンTomoChain(TOMO)

TomoChainの目的は、価値のあるインターネットとその基盤を構築するリーダーとなること。
最大の特徴は、独自コンセンサスアルゴリズム「PoSV」
これにより、イーサリアムを凌駕する取引スピードと低手数料を実現。
かつ、イーサリアムとの互換性もあり、今後はイーサリアムのDappsもクロスチェーンにて移植可能

 

 

トモチェーンTomoChain(TOMO) |基本情報

基本情報

  • 名称:TomoChain
  • ティッカーコード:TOMO
  • 発行上限:1億TOMO
  • 利用チェーン:独自チェーン
  • コンセンサスアルゴリズム:PoSV(Proof of Stake Voting)

トモチェーンTomoChain(TOMO) |公式サイト・SNS

トモチェーンTomoChain(TOMO) |主要な上場先・取引所

トモチェーンTomoChain(TOMO) |ビジョン・目的

TomoChainの目的は、価値のあるインターネットとその基盤を構築するリーダーとなることです。

すべての人にとってより安全で、透明で、効率的で、包括的で公平な、金融システムの作成に取り組んでいます。

また、TomoChainは、Ethereumブロックチェーンおよびその他のブロックチェーンプラットフォームのスケーラビリティの問題に対する革新的な解決手段を提案します。

 

トモチェーンTomoChain(TOMO) |特徴

 

特徴・ポイント

  1. 独自のアルゴリズムPoSVによる、早くて安い、取引を実現
  2. イーサリアムブロックチェーンとの互換性
  3. 無駄を排除し、セキュリティを高める「二重検証」

 

1.独自のアルゴリズムPoSVによる、早くて安い、取引を実現

TomoChainは、独自コンセンサスアルゴリズム「PoSV(Proof of Stake Voting)」を開発しました。

これは、通常のプルーフ・オブ・ステークにの機能に、コイン保有者がマスターノードに投票するという機能を付け加えました。

この投票機能を付け加えるうことで、マスターノードに競争性をもたせることができます。

投票数が多いマスターノードは、ホルダーからの支持が高く、プロック生成スピードも高いです。

反対に、ブロック生成が遅く報酬が少ないマスターノードは、コインホルダーから支持されず、投票数が減ります。そうなると、投票数がマスターノードは、ニーズを満たしておらず、廃止されることとなります。

この機能をもたせることで、承認の正確性やセキュリティの向上を図りました。

 

2.イーサリアムブロックチェーンとの互換性

TomoChainは、「EVM(イーサリアムバーチャルマシーン)への互換性」をもたせることで、イーサリアムとのクロスチェーンを実現しました。これにより、イーサリアムで開発されたdAppsは、TomoChainのブロックチェーン上で起動することが可能です。また反対に、TomoChainで開発されたdAppsもイーサリアム上で動かすことが可能です。

これにより、技術者の可能性が広がり、イーサリアムでの技術者が容易にTomoChainに流動させることができます。

 

3.無駄を排除し、セキュリティを高める「二重検証」

通常のブロックチェーンでは、一重検証となり、一つのマスターノードがブロックを繋げば、それが正しいと認識されていました。しかし、一重検証には問題が有り、まだ余裕があるブロック等の無駄なブロックも繋げられていました。

しかし、この二重検証では、一度検証したブロックを再度別のノードが検証する。これにより、無駄なブロックもが排除され、2回チェックすることから、セキュリティを向上させることができます。

TomoChainは、この技術を採用。開発し取り入れました。

 

 

トモチェーンTomoChain(TOMO) |サービス・商品

 

Tomoネットワークステータス

Tomoネットワークステータス

こちらで、現状どのようなブロックが生成されているか、現在のブロックの生成スピードなどをリアルタイムで確認することが可能です。

 

TomoWallet

Apple

GooglPlay

こちらがTomoChainの公式ウォレットです。

 

TomoMaster

TomoMaster

こちらで、TomoChainのマスターノードリストを確認することができます。

ホルダー達は、こちらのサイトを通して投票します。

TomoScan

TomoScan

こちらが、TomoChainのエクスプローラーです。

 

トモチェーンTomoChain(TOMO) |提携企業

 

トモチェーンTomoChain(TOMO) |CEO・運営メンバー

トモチェーン(TomoChain)創業者・CEO ロンヴォン(Long Vuong)氏

共同創立者であり、大きな成功を収めたNEMブロックチェーン(New Economy Movement)の元プロジェクトリーダー。
米国マサチューセッツ州、経済学博士の候補者。

 

トモチェーンTomoChain(TOMO) |今後・ロードマップ

今後は、

  • DEXとの統合
  • メインネット強化
  • モバイル用dApps開発

などを進めていく予定です。

 

 

トモチェーンTomoChain(TOMO) |ランキングと最新チャート

トモチェーンTomoChain(TOMO) |時価総額ランキング

 

トモチェーンTomoChain(TOMO) |最新チャート


トモチェーンTomoChain(TOMO) |まとめ

最後にまとめます。

まとめ

  • TomoChainの目的は、価値のあるインターネットとその基盤を構築するリーダーとなること
  • 最大の特徴は、独自のアルゴリズムPoSVによる、早くて安い、取引

いかがでしたでしょうか。

ブロックチェーンの発展は、時間の問題です。今のうちから手に入れておいてもいいでしょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

\ 世界中が利用するNo.1ウォレット!  /
\ 検索して出てくるサイトは、悪質なフィッシングサイトが多数あり『危険』 /
サイトに飛んだら必ずブックマークを!
世界中の被害総額【約1400億円以上】

【約1400億円】

この数字は
今までに世界の取引所から
盗難された仮想通貨の総額
です。

実はどれだけ安心と言われている取引所でも
ハッキングされてしまいます。

理由は簡単。

セキュリティレベルが向上するのと同じように
ハッカーのスキルも成長していくからです。

もし大切な資産を取引所に置きっぱなしにしていたら
あなたの資産もハッカーの標的。

自分の身は自分で守る時代。

起こる全てが自己責任だからこそ
あなたが行動しなければ資産の安全は確保できません。

 

TREZOR(トレザー)

 

TREZOR(トレザー)があれば
あなたのその手で自分の資産を守ることができる。

もうハッキングに怯える日々ともおさらばです。

世界中の仮想通貨投資家が利用する
安心と信頼のハードウォレットを
あなたも手にしましょう。

 

おすすめの記事