バイナンス|ショート注文・空売りは可能か?おすすめチャートも紹介

 

海外の仮想通貨取引所として知らない人はいないほど有名な取引所「バイナンス(binance)」

今回はバイナンス(binance)のショート注文は可能なのか?空売りはどのように行うのか?

これらについて解説していきます。

 

ショート注文は、可能。ただし証拠金取引のみ

 

 

最近バイナンスでは、マージン取引が可能になり、ショート注文が可能になりました。

 

 

これにより、特定の通貨だけではありますが、ショート注文がバイナンス(binance)で可能になりました。

特定の通貨とは、

マージン取引可能通貨

  • BTC
  • ETH
  • XRP
  • BNB
  • TRX
  • USDT
  • LINK
  • EOS
  • ADA
  • ONT

上記10通貨となります。

ただしマージン取引は、本人確認登録を済ませていなければ使用できませんのでご注意ください。

 

 

ショートを入れる際のおすすめチャート

 

上図は、LINK/BTCの12時間足です。

現在大きな三角保ち合いを形成しています。

この保ち合いを上に抜ければロング=買い注文です。

反対に、下に抜けてくるようであれば、ショート。つまり売り注文です。

このように、日足や時間足のなど分足よりも信頼度が高いです。

是非参考にしてみてください。

 

 

 

ショート注文の方法

 

それでは、どのようにしてショート注文を出すのか解説していきます。

 

1.ログインし、マージン口座を開く。

2.ショートしたい通貨を借りる。

 

今回は、イーサリアム(ETH)をショートしたいと思います。

 

3.取引画面を表示し、借りた通貨を売る

 

 

以上でショート注文は、終了です。

 長い間トレードから目を離すのであれば、損切り注文を入れるようにしましょう。

 

 

まとめ

 

 

最後にまとめます。

 

まとめ

  • ショート注文は可能。ただし、マージン取引のみ
  • おすすめのポイントは、三角持ち合いを下抜けした時
  • ショートを指す際は、逆指値の損切り注文も忘れずに

 

いかがでしたでしょうか。

バイナンスでマージン取引が開始され、ますますトレードの幅が広がってきました。

効率よく資金を回し、資産を増やしていきましょう。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

\ 【クリプトリンク】で暗号資産の損益計算を簡単に!  /
クリプトリンク 評判 暗号資産 仮想通貨 損益計算
\ 面倒くさい暗号資産の損益計算も、丸投げできる! /

 

世界中の被害総額【約1400億円以上】

【約1400億円】

この数字は
今までに世界の取引所から
盗難された仮想通貨の総額
です。

実はどれだけ安心と言われている取引所でも
ハッキングされてしまいます。

理由は簡単。

セキュリティレベルが向上するのと同じように
ハッカーのスキルも成長していくからです。

もし大切な資産を取引所に置きっぱなしにしていたら
あなたの資産もハッカーの標的。

自分の身は自分で守る時代。

起こる全てが自己責任だからこそ
あなたが行動しなければ資産の安全は確保できません。

 

TREZOR(トレザー)

 

TREZOR(トレザー)があれば
あなたのその手で自分の資産を守ることができる。

もうハッキングに怯える日々ともおさらばです。

世界中の仮想通貨投資家が利用する
安心と信頼のハードウォレットを
あなたも手にしましょう。

 

おすすめの記事