バイナンス|アドレス間違えた・タグ忘れた・GOXした場合の対処方法

 

急いでいたり焦っていたりして、「送金先を間違えた!」このようような自体は、時として起きます。

今回は、送金先アドレスを間違えた場合の対処方法を解説します。

 

 

アドレスを間違えた場合は、ほぼ不可能。しかし‥

 

 

結論として、送金アドレスを間違えてしまった場合は、ほぼ不可能です。

これは、バイナンスに限らず、どこの取引所でも不可能です。

誤ったアドレスの保有者がわかるのであれば、その人に交渉しなければいけません。

それもわからなければ、GOXしたことになります。

 

GOXとは

仮想通貨を送金ミス等で無くしてしまった場合の事を「GOX=ゴックス」といいます。
かつて、「マウントゴックス」という取引所がありました。マウントゴックスは、システムの脆弱性をつかれ、大量のビットコインを盗まれてしまいました。
これがGOXと呼ばれる由来です。

 

ただし、もしも間違えた送付先がバイナンスのアドレスであった場合は、復旧の可能性があります。

 

バイナンスの違うアドレスに送金した場合は、可能性アリ

 

 

もし、バイナンスの別アカウントアドレスに間違えて送ってしまった場合は、サポートに連絡すれば、返金の可能性があります。

 

 ただし、本人確認登録が必要です。お済みでない方は先に済ませましょう。

 

 

バイナンスの公式サポートには、このように書かれています。

Deposit wrong coins to Binance address:

Binance generally does not offer a token/coin recovery service. If you have suffered a significant loss as a result of incorrectly deposited tokens/coins, Binance may, solely at our discretion, assist you in recovering your tokens/coins.
If you wish to request Binance to recover your coins, please provide your Binance account email, coin name, address, amount, TxID(Critical), transaction screenshot. Binance team will judge whether or not that could retrieve wrong coins.
If it was possible to recover your coins, we may need to install or upgrade the wallet software, export/ import private keys, etc. These operations can only be conducted by authorized staff under carefully security audit. Please be patient as it may cost over 1 month to retrieve wrong coins.

以下、日本語訳

Binanceの住所に間違った硬貨を入金する:

Binanceは通常、トークン/コイン回収サービスを提供していません。誤って入金されたトークン/コインの結果として重大な損失を被った場合、Binanceは、当社の判断で、あなたのトークン/コインの回収を手助けすることがあります。
Binanceにコインの回収を依頼する場合は、Binanceアカウントの電子メールアドレス、コイン名、住所、金額、TxID(Critical)、トランザクションのスクリーンショットを入力してください。Binanceチームは、それが間違ったコインを回収できるかどうかを判断します。
あなたのコインを回収することが可能であったならば、我々は札入れソフトウェアをインストールするか、またはアップグレードすること、秘密鍵を輸出入することなどを必要とするかもしれません。間違った硬貨を回収するのに1か月以上かかることがありますので、しばらくお待ちください。

 

最後に問い合わせ方法について記載します。

 

宛先タグ、メモ、ID忘れはなんとかなる

 

 

これは、バイナンス公式サポートにも普及させることが可能と記載があります。

 ただし、こちらも本人確認登録が必要です。お済みでない方は先に済ませましょう。

 

Missing or wrong TAG:

If you forgot or use a wrong Tag, Memo or payment ID(e.g. BNB, XLM, XMR, etc), then your deposit will not be credited. You may submit a ticket by choosing 【Help with Deposits】→【Forgot or Wrong Tag/Memo/Payment ID】. Also, please provide the following information for us to verify the transaction:

Please make sure you have passed level 2 verification, if not, please click here to complete and then submit a ticket to our customer support team.
Binance account name(email), Coin, Amount, Txid (Critical),correct Tag/Memo/Payment ID
A video of the withdrawal record from the source wallet or exchange. The video needs to meet below requirements:

a) You must appear in the video.

b) Please make sure the video shows your whole login process from the sender platform, website URL, and withdrawal records like transaction ID or hash and date. if you are using stargazer wallets, nano ledger or any other personal wallets, please show us the wallet address or public key in addition with Transaction details like Hash or TxID.

________________________

以下、日本語訳

TAGがないか間違っています:

あなたが間違ったタグ、メモ、または支払いID(例:BNB、XLM、XMRなど)を忘れたり、使用したりした場合、あなたの預金は入金されません。あなたは【預金の手助け】→【忘れているか間違ったタグ/メモ/支払いID】を選択してチケットを提出することができます。また、取引を確認するために以下の情報を提供してください。

あなたがレベル2の検証に合格していることを確認してください、そうでなければ、完了するためにここをクリックしてそれから我々のカスタマーサポートチームにチケットを提出してください。
Binanceアカウント名(Eメール)、コイン、金額、Txid(重要)、正しいタグ/メモ/支払いID
元の財布または取引所からの出金記録のビデオ。ビデオは以下の要件を満たす必要があります。

a)あなたはビデオに登場しなければなりません。

b)動画に、送信者プラットフォーム、WebサイトのURL、取引IDやハッシュと日付などの撤退記録からのログインプロセス全体が表示されていることを確認してください。スターゲイザー財布、ナノ元帳、その他の個人用財布を使用している場合は、ハッシュやTxIDなどの取引の詳細に加えて、財布アドレスまたは公開鍵をお知らせください。

 

実際のやり取りを図を用いて解説

 

それでは、以下で図を用いてお問い合わせ方法を解説していきます。

 

お問い合わせ方法

 

1.ログインしサポート画面を開く

2.リクエストを入力していく

 

「Help with Deposit」を選択すると、入力画面が現れます。

「Deposit Issue Type」は、

間違ったアドレスへ入金してしまった場合は→「Deposit to Wrong Address」

宛先タグ、メモ、IDを忘れた場合は→「Forgot or Wrong Tag/Memo/PaymentID」

を選択してください。

図を参考に、必要次項を入力していきます。

subjectやDescriptionは、「I sent money to the wrong address. I want to restore」と記載しましょう。

 

 

3.必要書類を準備する。

公式より連絡がくるので、内容を確認し、必要書類を準備します。

主に以下のものです。

  • 登録時の身分証の写真ー情報が載っているページ
  • 身分証の情報ページと自分の顔との自撮り
  • ビデオ→送金したサイトから、どのアドレスから・いつ・どのように・どこに送金したかがわかるように送金手順を説明した内容のもの
  • 取引アドレス
  • トランザクションID
  • 宛先タグやメモ
  • アカウント名
  • 数量

4.再度、リクエストを入力する。

上記の資料が準備できれば、再度リクエストを入力します。

入力内容は、前回と同様ですが、今回は「Add file or drop files here」をクリックし、資料を添付して送信します。

5.完了

 

もし回収できる場合は、最低でも1ヶ月はかかる可能性があります。

バイナンスから都度連絡が来る可能性もありますので、メール等も随時確認しておいてください。

 

まとめ

 

 

最後にまとめます。

 

まとめ

  • 送付先を間違えた場合は、ほぼ不可能
  • ただし、間違えた送付先がバイナンスのアドレスだった場合は、復旧の可能性あり
  • 宛先タグやメモ記載忘れは、なんとかなる

 

いかがでしたでしょうか。

普段の何気ない送金でも、一つ間違えると大切な資産が無くなってしまうこともあります。

皆様の資産が元に戻るように願っております。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

\ 世界中が利用するNo.1ウォレット!  /
\ 検索して出てくるサイトは、悪質なフィッシングサイトが多数あり『危険』 /
サイトに飛んだら必ずブックマークを!

 

世界中の被害総額【約1400億円以上】

【約1400億円】

この数字は
今までに世界の取引所から
盗難された仮想通貨の総額
です。

実はどれだけ安心と言われている取引所でも
ハッキングされてしまいます。

理由は簡単。

セキュリティレベルが向上するのと同じように
ハッカーのスキルも成長していくからです。

もし大切な資産を取引所に置きっぱなしにしていたら
あなたの資産もハッカーの標的。

自分の身は自分で守る時代。

起こる全てが自己責任だからこそ
あなたが行動しなければ資産の安全は確保できません。

 

TREZOR(トレザー)

 

TREZOR(トレザー)があれば
あなたのその手で自分の資産を守ることができる。

もうハッキングに怯える日々ともおさらばです。

世界中の仮想通貨投資家が利用する
安心と信頼のハードウォレットを
あなたも手にしましょう。

 

おすすめの記事