バイナンス|機種変更時に必要な2段階認証の事前準備と対処法

 

 

スマートフォンの機種変更したいといった場合に、「事前に何かやっておくべきでは?」と

不安になる事もあると思います。

今回、機種変更時にバイナンスで必要な作業をご説明いたします。

 

 

最低限必要な作業は、2段階認証の再設定

 

 

最低限必要な作業は、2段階認証」の再設定です。

再設定に必要なものは、設定時のQRコードもしくはパスフレーズです。

もし、こちらを保存していない場合、再取得する必要があります。

 

再取得の方法は後ほどご説明します。

ちなみに、再設定は、スマホを変更した後でもできますのでご安心ください。

 

2段階認証の再設定方法

 

1.当初設定時のQRコードもしくは、パスフレーズを用意する

 

2.新しいスマホにアプリをダウンロードし、コードを読み取る。

 

2段階認証アプリ「Google Authenticater」をダウンロードします。

その後、当初登録時と同じように、QRコードを読み取るもしくは、パスフレーズを入力します。

基本的にはこちらで作業は終了です。

以前と同じように、新しいスマホで2段階認証の6桁を確認しログインしましょう。

 

続いて、QRコードやパスフレーズがない場合の方法をお伝えいたします。

 

方法は、スマホ自体のバックアップもしくは2段階認証の再設定

 

 

もしも、2段階認証のバックアップを保存していない等により手元にQRコードがない場合、

新しいスマホへの移行方法は2つとなります。

  1. スマートフォン自体のバックアップを取り、新しいスマホにデータを移行させる
  2. バイナンスサポートを通して、2段階認証の再設定

上記のどちらかになります。

 

「1.スマホ自体のバックアップを取る」

こちらに関しては、各自のバックアップ方法を参考の上、実施してください。

 

「2.バイナンスサポートを通して2段階認証を再設定する」

こちらに関しては、2段階認証を紛失した場合と同じ手順となります。

以下の記事にて解説しておりますので、ご参照ください。

 

 

まとめ

 

 

最後にまとめます。

 

まとめ

  • 事前に、QRコードやパスフレーズがあるか確認
  • バックアップが無い場合の対処法は2つ
  1. 事前にスマホ自体のバックアップを取り、新しいスマホにデータを移行させる
  2. バイナンスサポートを通して2段階認証を再設定する

 

いかがでしたでしょうか。

いざという時に、「大切な資産が引き出せなくなった!」と焦らないでいいように、今回の方法を頭の片隅においておくことも大事です。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

▼合わせて読みたい記事一覧▼

 

 

\ 世界中が利用するNo.1ウォレット!  /
\ 検索して出てくるサイトは、悪質なフィッシングサイトが多数あり『危険』 /
サイトに飛んだら必ずブックマークを!

 

 

世界中の被害総額【約1400億円以上】

【約1400億円】

この数字は
今までに世界の取引所から
盗難された仮想通貨の総額
です。

実はどれだけ安心と言われている取引所でも
ハッキングされてしまいます。

理由は簡単。

セキュリティレベルが向上するのと同じように
ハッカーのスキルも成長していくからです。

もし大切な資産を取引所に置きっぱなしにしていたら
あなたの資産もハッカーの標的。

自分の身は自分で守る時代。

起こる全てが自己責任だからこそ
あなたが行動しなければ資産の安全は確保できません。

 

TREZOR(トレザー)

 

TREZOR(トレザー)があれば
あなたのその手で自分の資産を守ることができる。

もうハッキングに怯える日々ともおさらばです。

世界中の仮想通貨投資家が利用する
安心と信頼のハードウォレットを
あなたも手にしましょう。

 

おすすめの記事